見出し画像

予定が連なるときのいつものパターン

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

先週と今週はすごく予定が詰まっている。

昨日は新刊の刊行日のうえに、立花B塾レベル1平日コース第1講、夜は銀座寿司さいしょさんでプレミアムオフ会。

その間に立花B塾レベル2の資料を作り、大阪と金沢のセミナー道具をパッキングして宅急便で発送。

オフ会が深夜に終わり帰宅して眠り、今日は立花B塾レベル2平日コースがあり、夜はライブイベント「R-Spirit」でステージに立つ。

そして合間にこうしてnoteやらブログやらメルマガを書き、セミナーの会議室と打ち合わせの電話をしたり、ケータリングのメニューを決めたりという事務仕事。

明日は朝から大阪に移動して大阪立花B塾、明後日は金沢に移動して金沢で立花B塾ということで、予定が連なりに連なっている。

ボディメイクときちんとした栄養で食事を摂っているおかげで体調は良く、疲れは感じないが、これだけ対外的な予定が連なってしまうと、内省的な時間が取れないので、やはりしんどい。

僕の場合、自分の予定は自分で決められる立場なので、本来心地良いスケジュールを自分で設定できるはず。

それなのに定期的にこうして超過密な状態になってしまうのはなぜか。

考えてみると、いつもお決まりのパターンがあるように思う。

この続きをみるには

この続き:1,106文字
記事を購入する

予定が連なるときのいつものパターン

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。