見出し画像

なぜインターネットで部活動をしようの会をはじめたのか

画像1

元々は私のこうだったらいいなだったから始まっています。

私は脳の器官障害を抱えています。そのため、活発に行動出来るときは動けるだけ動く、体調の悪い時にはベッドの上で何週間も過ごすという生活習慣でした。

ベッドの上でずっと過ごしていて感じたのは『孤独』でした。

話す相手は家族だけ。しかも友人たちは社会で活躍し、子育てをしているのに何も社会活動に参加貢献出来ず、ただただ、時間を過ぎるのを待つのみ。

せめて、サークルやセミナーに参加したいと思っても体が言うことを聞かず、断念して行くまで引き返したり、主人に目的地まで付き添って貰っていた日々でした。

もっと気軽にサークルやオフ会、セミナーに参加したいと考えた時web会議システムを使うことを思いつきました。元々私は発病するまで、web会議システムを販売する会社いたので、ある程度どんなものなのかは想像がつきました。

自分のちょっとした特技。私なら例えばヨガや好きな趣味、編み物を持った人たちが気軽に集まれる場所があればどんなに素敵だろうと思いまいまいた。

無償で全員が講師にも生徒にもなるシステム。これを『部活動』と名付けました。部活ならおしゃべりして終わってもいい。目的は何かスキルを上げるとかでなく、オンラインサロンではないから。

このプランをある人に話した時、『介護されている方の私が社会に無償で貢献?自分のことも出来ないのに』と言われました。その時、ヨーロッパの寝たきりのご年配の方が小学校の生徒とweb会議システムを使って相談を聞いて解決する手助けをするシステムがあるという事を思い出しました。弱者は何か社会に貢献できないのは間違えで弱者と言われる人だから出来ることもあります。

現在は私がすべての部長ですが、今後は様々な部活を様々な方たちに展開して貰えればと考えて広がる活動を行っています。

スマートフォン一つあれば、どこからでも参加可能。

例え、ベッドで横になっていても。

ご興味を持って頂いた方は是非

internetdebukatuwosiyou@gmail.com

にハンドルネームとEメールを送ってください。使っているアプリやスケジュールをご案内します。

では皆様のご参加お待ちしてます!

#インターネットで部活動をしようの会

#拡散希望

#こんな社会だったらいいな

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
インターネット部活動をしようの会の発起人です。 webカメラシステムを使って、全国の人達と部活をしようというのが目的です。オフ会やイベントって実際に行くには移動や時間、お金がかかりますよね。でもweb会議ならその場でアクセスできます。参加費無料です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。