見出し画像

「薪ストーブってすごい」といまさら思った話

4期生の大賀です。今回は僕も薪ストーブについて書いてみます。

先日、家の裏に放置していた丸太を片付けるべく、ぜんぶ斧で割って薪にしました。

僕が住んでいる家には薪ストーブがありませんが、ダルマ型の薪ストーブを先輩から借りています。納屋や屋外で作業するときの暖房としてたまに使っていて、そこで少しずつ薪を消費しています。

薪ストーブは実家にあるのでとくに新鮮だとは思っていませんでした。けれど自分で薪をつくって燃やしてみて、あらためて「薪ストーブっていいもんだなー」と思いました。

薪を燃やすのは何がほしいから?

ところで、薪というのは単純に言えば木を加工した燃料です。

たとえば暖をとる場合、熱がほしいわけで、薪ストーブでなくても灯油ストーブやガスストーブ、エアコンでもいいわけです。

なので熱がほしい人に熱を提供する場合、電気、ガス、灯油は薪のライバルみたいなもんです。

・・・

以前に読んだ本の中で『ドリルを売るには穴を売れ』というマーケティングについての本がありました。内容はほとんど忘れましたが、そこでは「顧客が買う価値には2種類ある」と書かれていました。

引用すると、

①物理的な価値
・早い
・うまい
・便利

②情緒的な価値
・優越感、特別扱い
・名誉、ステータス
・かっこいい、モテる
・思い出、記念
・充実感、達成感

という感じ。

この分類を見ると、電気、ガス、灯油は物理的な価値にすぐれています。専用機器のスイッチひとつで暖がとれて、燃料の維持管理も品質管理も外注なのでラクラクです。

薪は火をつけて暖まるのに時間がかかるし、乾燥具合にも左右されます。大きくかさばるので維持管理や持ち運びには不便です。

その反面、薪は情緒的な価値をたくさん持っています。うまく言語化できませんが、箇条書きした情緒的価値の要素すべてがあるように思います。焚き火をイメージすればわかりやすいかも(燃料を燃やす行為そのものに価値がある的な)。

電気やガスや灯油には持ち得ないものだと思います。

薪ストーブってすごい

そして薪ストーブを使っていて思いました。「これすごくね?」と。

先ほど薪は物理的価値(早い・うまい・便利)に劣る的なことを書きましたが、薪ストーブで燃やすと話は少し変わってきます。

ストーブとして暖がとれるのにくわえて、熱を利用して湯を沸かしたり料理ができます。内側の炎がいい感じの照明にもなります。(先日の細谷さんの記事を読むとわかりやすい→薪ストーブで出来ること

つまり物理的な価値(便利)が強化されます。ストーブとコンロとオーブンといい感じの照明が合体した商品って、家電量販店には売っていないはず。おまけに情緒的価値はそのまま、あるいは強化されるくらいです。

もちろん手軽さはガスや灯油に劣るし、燃料である薪を調達する環境でコストも左右されます。お金と時間と手間を天秤にかけて、それでも得る価値が大きいかは人によるので判断の難しいところ。

けれど薪をかんたんに調達できる環境にいるなら、薪ストーブはあってまったく損はないものだと思いました。薪割り楽しいし。


おしまい。

書いた人:大賀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

4
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/

コメント1件

薪割り、やったことないけど、はまりそうな気がします。集中して、割ること以外なにも考えない感じでしょうかね。あ〜やってみたい!まずは斧を買わないと。(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。