見出し画像

壊れない作業道づくりで使っている重機「バックホー」「キャタトラ」「林内作業車」

ヤモリーズ4期生のガッチョこと大賀です。

さて、ヤモリーズは津和野町の町行造林をフィールドに「壊れない作業道づくり」に日々取り組んでいます。

作業道づくりは簡単に言えば、山の中に車両が走れる道を開設していくことです。頑丈な作業道があることで、車や人が林内に容易に入れ、長期的な森林資源の利用ができるようになります。

林内の作業道づくりに欠かせないもの、それが重機(土木用の建設機械)です。

道を形作っていく機械、土を運ぶ機械、丸太を運ぶ機械など、これら使用している3つの重機について紹介します。


バックホー(3tクラス)

「ユンボ」「ショベルカー」とも呼ばれます。

「壊れない作業道づくり」は道幅250cmを原則とします。その道幅で作業道をつくるのにもっとも適しているのが、3tクラスの小型バックホー(履帯幅:約160cm、バケット容量:約0.07㎥)。

バックホーの特徴はその長い腕。

これは「ブーム・アーム・バケット」という3つの部分に分かれていて、それぞれ別々に稼働できます。また足回りには、土を押すことができる「排土板」がついています。

これらを操作して出来ることはたくさんあり、実にすぐれものな機械です。


①土の移動
もっとも基本的な作業。山の斜面の土をバケット(または排土板)で移動させることで、道を開設していきます。

「土を移動させる」といっても多様な動作があり、

・削る(掻く)
・後ろに引く
・前に押す
・横にふる
・バケットの中にすくう
・すくった土を離れた場所に落とす
・排土板で押す、引く

などに分解できます。これらをスムーズに同時並行的に操作すれば、人間の手足のように動けます。


②岩を削る
山の土を掘ると、岩のように硬い場所(または岩そのもの)が出てくることがあります。とくにヘアピンカーブを開設していく尾根は、山の中でも土質的にかなり硬めです。

あまりに硬い岩でなければ、バケットについた「ツメ」「サイドカッター」で削ることができます。


③路面、法面(土を盛った斜面)を固める
土を移動させただけでは道は固まっていません。これもバックホーで固めます。方法は主に2つ。

・バケットの平らな面で叩く
・キャタピラで踏みしめる


④切り株を掘る
道を伸ばしていくうえで、切らなければならない木を「支障木」と呼びます。これはチェーンソーで伐採しますが、切り株は残ります。もちろんこれがあると邪魔なのでバックホーで掘り起こします。


⑤丸太の釣り上げ
バケットには後付けで「フック」が溶接されています。ここにワイヤーを掛ける(「玉掛け」と呼ばれる作業)ことで、丸太を釣り上げて移動できます。

単純に移動させるだけでなく、トラックへの積み込みもできます。


⑥「木組み」の施工
作業道をつくるうえで道幅の確保や路肩補強のためなどに、丸太をつかって「木組み」というものを施工します。

丸太を埋めるスペースの作成、仮止めとして釘を打ち込むときの固定補助など、ここでもバックホーが活躍します。


⑦伐倒補助
支障木の伐採をチェーンソーで行うとき、他の木に寄りかかって倒れない場合が往々にしてあります(「掛かり木」と呼びます)。これを人力で倒すにはかなりの労力、そしてテクニックが必要。

一方、バックホーの持つエンジンと油圧の力は非常に強力です。バックホーが近くにいる場合、バケットのフックにロープをかけて引っ張ったり、直接バケットで押し倒すなど、木を倒す補助ができます。


⑧アタッチメント機能
バックホーのアーム先端はアタッチメントになっています。そこにバケット以外の専用機械を装着することで、まったく別の機能を発揮できます。

・ブレーカー(砕くことに特化した機械)

・グラップル(つかむことに特化した機械)

・・・

以上がバックホーの基本的な役割。作業道づくりには欠かせない重機です。


キャタトラ(不整地運搬車)

こちらはスポット的に活躍する機械。

キャタトラは小型のダンプカーです。荷台に土や石を積んで、別の場所へダンプ(荷台を傾けて落とすこと)できます。

バックホーは1度にバケット1杯分しか土を動かせませんが、キャタトラに積むことで大量の土(バケット14杯分くらい)を一度に遠くまで移動できます。

土を削り取って勾配を下げたいとき、土を盛ってレベル上げしたいとき、バラス(砕いた石)を路面に撒きたいとき、などなど道を仕上げていくときにとても重宝します。

ちなみにキャタトラの車幅は約160cm、小型バックホーの履帯幅とほぼ同じです。


林内作業車

こちらもスポット的に活躍する機械。名前のとおり、林業での使用に特化した重機です。

道を伸ばすために切った支障木は、造材(枝を落として必要な長さに切ること)して原木市場へ出荷したり、道を補強する木組みとして使ったりします。

この切った丸太を移動させたり集めたりするのに、林内作業車が活躍します。

①丸太の運搬
林内作業車のボディの半分は荷台になっています。ここに丸太を積み重ねて運搬できます。ただし走行速度はバックホーやキャタトラより遅め。


②集材
林内作業車にはウインチが付いています。ウインチのワイヤーを使って巻き取れば、林内で切り倒した丸太を集めることができます。

ワイヤーは非常に長いので、バックホーの腕がとどかない位置でも林内作業車なら引っ張れます。


目標とする作業道とは?

これら3つの重機には共通点があります。それは足回りがキャタピラだということ。

キャタピラは整地されていない悪路でも走破性が非常に高いです。凸凹の路面、石がゴロゴロの路面、水でグチャグチャの路面、そんな場所をものともしません。

では何のために、これらの重機が大量の土を移動させ、丸太を運び、路面を整え、頑丈な道をつくっているのか?

それは最終的に「2tダンプが丸太を積んで走行できる作業道」を目指しているからです。


簡単にまとめると、下記の感じになります。

・バックホー:土の移動、道の成形
・キャタトラ:土の運搬
・林内作業車:丸太の運搬、集材
・2tダンプ:丸太の搬出(林内〜出荷先まで)


・・・

ヤモリーズが作業道づくりに使っている機械についてでした。


書いたひと:4期生大賀


--
*この記事が面白い、役に立ったという方は、投げ銭感覚でお願いします。集まったお金は重機の修繕や消耗品の購入等に使用します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

5
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/
コメント (2)
北海道で自伐塾を受講しました。短期の研修ではわからなかったことがまとめてありとても勉強になります!
ご覧いただきありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。