Tsutomu Akagi

10X, Inc. Biz Dev (2020.Apr~)/三菱商事 (2013.Apr~2020.Mar)/🇯🇵→ 🇨🇴→ 🇵🇪→ 🇯🇵/慶應大学経済学部/体育会ソッカー部/大宮アルディージャ/東京ヴェルディ/一児の父/育休/サッカーとサーフィンとランニング

Tsutomu Akagi

10X, Inc. Biz Dev (2020.Apr~)/三菱商事 (2013.Apr~2020.Mar)/🇯🇵→ 🇨🇴→ 🇵🇪→ 🇯🇵/慶應大学経済学部/体育会ソッカー部/大宮アルディージャ/東京ヴェルディ/一児の父/育休/サッカーとサーフィンとランニング

    最近の記事

    育休を取らないという意思決定をした話

    突然ですが、年明けに次女が生まれます👏👏👏 3年前、私は長女が生まれたタイミングで3ヶ月間の育児休業を取得しました。そして、年明けに2人目が生まれるこのタイミングで、育休を取るかについて妻とも相談しながら考えてきました。 結論、今回は育休は取得しないことを決断しました。なぜその意思決定に至ったのか、自身が置かれている環境の変化による育休に対する考え方の変化について書いてみようと思います。 ちなみに、2020年の4月にキャリアチェンジと共にnoteを始めて、ビジネス関連の

    スキ
    150
      • 新任マネジャーがスタートアップで苦闘するお話

        こんにちは、10Xの赤木です。気づけば10Xの社員数は70人を超えました。自分が入社した2年前はまだ10人前後だったので、社員数は7xしています。 先日、はじめて10Xの同僚たちとフットサルをしたのですが、緩く声をかけても12名が集まるくらいの組織になったんだなーと感慨深い気持ちになりました。とても楽しかったので写真も載せちゃいます。 僕は半年ほど前からBizDevのマネジャーという役割を担っています。そして、マネジャーって難しいなーと日々思いながら、具体的に何が難しいの

        スキ
        84
        • 商社パーソンのスタートアップ挑戦について考える

          今日で10Xに入社して丸2年になる。まさに、飛ぶように時間が過ぎるとはこのことだ。あわせて、明日から社会人10年目を迎える節目でもある。 この2年で自分のキャリアも、仕事に対する考え方や生活スタイルも大きく変わった。 あのまま商社に残っていたら今頃自分は何を考え、どんな仕事をしていたのだろう?と想像すると、なぜか笑ってしまう(なぜかは不明)。 きっと与えられた持ち場で頑張っているのだろうと思いつつも、この2年間スタートアップでもみくちゃになりながら得てきた経験はそれ以上に

          スキ
          56
          • 採用活動をはじめて変わったこと

            最近、採用活動に多くの時間を使っている。 どれくらい使っているのだろう?と気になったので自分のスケジュールを集計してみたところ、直近は予定の20%以上が採用関連だった。毎日2時間弱は採用に時間を使っていることになる、なかなかだ。 ふと思い返すと、前職時代は採用活動とはほぼ無縁だった。新卒で大企業に入った自分にとって、採用活動とはせいぜい新卒採用の一次面接を決められたスクリプトに沿ってやるか、学生のOB訪問を受けるくらいだった。 採用活動に本腰をいれるようになったきっかけ

            スキ
            27

            1年で10倍になった10X BizDev

            年の瀬、たくさんの人が1年の振り返りを投稿している中、僕も慌てて筆を進めています。 今年内定者込みで10名超となった10X BizDevは、振り返ると去年の年末はまだ自分一人しかいませんでした。文字通り10xです。 これは、10Xがこの一年で大きく変化したことの現れであり、この激動の1年を終えた今の感情を書き留めておかねば、という気持ちで書いています。 そして、“1年前は自分1人だった”とか、”1年でBizDevの人員が10xした”というキャッチーなフレーズは今日までしか

            スキ
            17

            2歳半の娘とスタートアップで働く父のお話

            わが家の娘は昨日で生後30ヶ月を迎えた。ふと、2歳半は月齢で見ても節目だということに気づき、せっかくなので最近思っていることを書き留めておこうと思い筆を進めている。 2歳半の娘は、もう赤ちゃんと呼ぶにはデカイし重いし生意気(92cm 16.2kgなので特にデカい、ペラペラ喋る、良く歌う)で、子供と呼ぶには幼稚すぎる(オムツだし、何でもヤダヤダだし、一人じゃ寝れない)、ただそれが絶妙に愛おしい月齢だ。 2歳を過ぎたあたりから、子供は一気に感受性が豊かになる。言葉を理解し、自

            スキ
            412

            10X BizDevの最近

            こんにちは、10XでBizDev(事業開発)を担当している赤木です。 最近、カジュアル面談(10Xに少しでも興味がある方と選考関係なく文字通りカジュアルに話す機会)で色々な方とお話する機会が増えてきました。 面談で以下のような質問をいただくたび、組織や自分のことについて振り返るとても良い機会になっています。 ・BizDevとして何に注力しているのか? ・具体的にどんな業務をしているのか? ・なぜ大企業からスタートアップへ挑戦しようと思ったのか? ・10XのValueの一

            スキ
            36

            10Xの同僚から学ぶプロマネ術 - シリーズ②

            こんにちは、10Xで事業開発(BizDev)を担当している赤木です。 今回はプロジェクトマネジメントにおけるミーティングの準備力について書きたいと思います。 このシリーズを書こうと思った経緯は↓のツイートがきっかけです。2月から一緒に働いている同じく10XのBizDev田村さん@TamuraHaruakiから日々学ぶことが多いので、それを言語化しておきたいという思いで書いています。 ちなみに、シリーズ1回目はうまくいったことを仕組み化する力について書きました。良かったら

            スキ
            70

            10X入社1年目の総括日記

            10Xに入社して1年が経ちました。コロナ第一波の真っ最中、慣れない在宅勤務から始まった10X生活がとても懐かしく、随分昔のように感じます(初日はwifiが弱くてオンライン会議に参加できないところから始まったのも懐かしい)。 新卒から7年勤めた会社を辞める決断をして、30代をスタートアップで再チャレンジしようと決意したのは、成長に対する漠然とした焦りがきっかけでした。この辺りは転職ブログの中で詳しく触れているので、お時間ある方は少し覗いていただけると嬉しいです。 1年前の1

            スキ
            28

            10Xの同僚から学ぶプロマネ術 - シリーズ①

            皆さんこんにちは。10XでBizDevを担当している赤木です。 2月に田村さん@TamuraHaruakiが10Xに入社しました。1月の吉開さん@_yuki_yに続いてBizサイドでは3人目の入社になります。 田村さんの前職は誰もが知る世界No.1のコンサルティングファーム、McKinsey & Company、通称McK(読み方はマック)。 「McKの人はとにかく優秀」と皆が口を揃えて言うし、実際僕の周りにいるMcK出身&現役の方々は皆さん揃って尊敬できる人ばかりなの

            スキ
            149

            信頼は生き物 〜獲得ではなく育むもの〜

            最近、仕事やプライベートで信頼について考えることが多い。理由は3つ。 - 自分のせいである人からの信頼を失ってしまう経験をしたから - 取引先から信頼を感じる瞬間があったから - 自分が信頼していた人から裏切られたと感じることがあったから 人と何かをするうえでは、信頼関係を築くことがなによりも重要だ。ことさら僕が担当している事業開発というロールでは、社内外の人から信頼を得なくては高いパフォーマンスを発揮するのは難しいと強く感じている。 「信頼を獲得する」というフレーズは

            スキ
            15

            Biz人材のオンボーディング日記(完)

            こんにちは、最近久々に会う人たちから「なんか人相が変わった」と言われる10Xの赤木です。 コメントがポジティブなのかネガティブなのかはさておき、ここ数ヶ月は人相の変化に負けないくらい中身も変化してきている気がしていています。 10Xという会社に事業開発(BizDev)というロールで入社したのが今年の4月、入社と同時にnoteを始め「Biz人材のオンボーディング日記」というシリーズで、商社からTech系スタートアップに転職して感じる苦悩や学びを書いてきました。 3回目とな

            スキ
            32

            商社で学ぶ枕詞の操り術

            先日、僕が働く10Xという会社の社内コミュニケーションツール「Slack」でこんなやり取りがあった。 「午前中バタバタとお疲れ様でした」という枕詞に対し、10Xの代表である矢本の反応が予想外だったのと、他の社員からも「草」や「わかる」の反応が複数ついたので、これを機に「気の利いた枕詞」について少し考えてみた。 ちなみに、「草」の意味がわからない方はこちら。ネット業界に転職するまで僕も知らなかった。草 この日、矢本は朝から外出での面談が立て続けに入っていた。一方、僕は自分

            スキ
            70

            事業開発(BizDev)は何が面白い?

            所属している10Xという会社での僕の役職は「事業開発」(英語でBusiness Development、略してBizDev)だ。「なにそれ?聞いたことない」という方が多いかもしれないが、僕も入社前までその一人だった。 この仕事を入社以来4ヶ月ほど続けてきて、「そもそも事業開発ってどんな仕事か?」や「10Xの事業開発の面白さってなにか?」が少しずつわかってきたので、今回はそれらについて書こうと思う。 そもそも事業開発ってどんな仕事か事業開発という職種の人がやることの定義は、

            スキ
            127

            久々に再開した人生の好奇心

            妻は言う。「サーフィンのために朝4時でも目覚まし1回で起きられるなら、毎日永遠とスヌーズを鳴らし続けるのをホントにやめて欲しい」 たしかに、やりたいと自分から強く思うことは、眠気や食欲を差し置いて前に出てくる。この感覚、小学校時代のサッカーがまさにそれだった。 僕は5歳からサッカーを始めた。小学生の頃、毎日ボールを蹴るのが楽しみで、週末の試合前日はワクワクして眠れない程だったのを良く覚えている。週末の天気予報が雨だと、テルテル坊主を作って晴れを祈ったりもしていた。 そん

            スキ
            57

            リサーチレポート作成のワナ②

            先日投稿した『リサーチレポート作成のワナ①』では、レポート作成の前段階として行うリサーチで陥りがちなワナについて書いた。今回は、リサーチした結果をレポートにまとめる際に陥りがちなワナについて「レポート作成編」として書き残しておきたい。 資料のまとめ方は、大抵の場合Power Point/ Keynote/ Google Slideなどのスライド形式か、Word/ Google Docs/ Notion/ Dropbox Paperなどのドキュメント形式がほとんどだと思うが、

            スキ
            27