見出し画像

この一線を越えたくて

 たとえば恋人に振られたとして、その瞬間はめちゃくちゃ悲しかったとしても、翌朝にはその人のことを嫌いになって、もう次の恋をしている。これまではそんなパターンが多かった。

 今回、恋人と別れ話が浮上した時も、最初こそこのまま崩壊するんじゃないかってくらい泣きじゃくったけど、数日もすれば平気になっていた。さすがに嫌いにはなってないけど、求める気持ちもほとんどなくなって、次はどんな人がいいかな、なんて妄想してみたりして。

 毎回こんなだから、自分は人に執着しない人間なんだと思っていた。人への想いを断ち切っていける自分を愛していた。
 でも、たぶん、私は人に執着しないんじゃなくて、誰よりも執着心が強いから、その部分で苦しまなくていいように心に予防線を張ってただけなんだと思う。

この続きをみるには

この続き: 1,187文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『嘘つきは作家のはじまり』よりもプライベートな内容になっています。くだらない記事も多数アリ(!) わたしのことを本当に好きな人だけ購入して…

または、記事単体で購入する

この一線を越えたくて

水流苑まち(つるぞの・まち)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。 『この世界の余白』としての生をまっとうすべく、意味のないものを生み出すために使わせていただきます。

ありがとう、飴ちゃんあげよ。
10
余白をテーマに文章、イラスト、占いなどのコンテンツを生み出す余白アーティスト。 現代アート夫婦。おすすめマガジン『性愛とパートナーシップ』『予言の書』『嘘つきは作家のはじまり』。意味のないものに意味が生まれる場所・水流苑神社(http://urx3.nu/QiHa )やってます。

こちらでもピックアップされています

つるぞのちゃん解体新書
つるぞのちゃん解体新書
  • 46本
  • ¥1,200

『嘘つきは作家のはじまり』よりもプライベートな内容になっています。くだらない記事も多数アリ(!) わたしのことを本当に好きな人だけ購入してね。 ※記事が増えるごとに金額を上げていくので、早めの購入がお得です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。