【本の感想】クズが自分をクズと自覚して変わってからが勝負の人生
見出し画像

【本の感想】クズが自分をクズと自覚して変わってからが勝負の人生

中野谷つばめ

 兼近大樹さんの初小説『むき出し』を読みました。

 共感できるところがあるなあって思いながら。
 自分がクズだ~って「気がつく」ところから始まって、そこからが人生の勝負だなあ。
 クズだからそれでいいや、じゃなくて、これからは何か役に立つ人生にしたい、って思うだけでもう大きな一歩なんだと。

 これでいいや、こんなもんでいいや、って思っちゃたらそれまで。
 そこからどう生きるかが大切。

 そういうことを、自然と考えちゃう小説でした。

 どんどん読めちゃうのは面白かったです。

 あえて難を言えば、ファーストシーンとつながるところからそのあと、もっと具体的なエピソードで展開されたらもっと面白くなったでしょう。

 この小説は、私小説というか、作者の体験がベースになっていると思われます。
 2作目は、完全フィクションで「小説」が読みたいです。
 その2作目あるいは3作目、芥川賞ノミネート→受賞というミラクルロードになったらいいなあ。
 作家・兼近さんの次作を楽しみに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中野谷つばめ

サポートしていただいた金額は、次の活動の準備や資料購入に使います。

スキありがとうございます!
中野谷つばめ
なかのやつばめ/人生の5分の4を書いて生きてきたわたし/ 公式サイト 本と文具と文章とhttps://is.gd/KNcMK1/ Twitter つばめ*小説家https://twitter.com/tsubamenakanoya