見出し画像

通信・決済・移動・会話・宿泊 この5点をおさえるだけで台湾旅行が、とんでもなく快適になります 完全版

本テキストは、私がはてなブログを開始して約2週間後、それまでは平均100PV/日だったのが、一気に1,000PV/日超えまで跳ね上がったきっかけとなった記事を、元記事の2倍のボリュームになるぐらいまで大幅に加筆(元記事 約3,000文字、加筆 約3,500文字、計 約6,500文字)したものになります。

某社 中の人の助言もあり、「noteでコンテンツを売る」ということを試してみたく、この度こちらに再筆させていただきました。もしよろしければ読んでいただければと思います。

私と台湾

2018年6月以降 、つまり今年度5回、台湾に旅行に行っております。私が台湾にこんなにもたくさん行っている理由は以下の3つ。吉野家の例のやつと一緒です。

安い交通費も物価も。LCCを使えば往復の飛行機は2万円ぐらいで、新幹線使って国内でどこか行くよりも安いです。物価も、飲食に関するお金は日本よりも断然安いです。

早い:台湾は羽田から3時間ちょい。しかもLCCだと深夜便になるので、行きは寝てる間に台湾に着いてます。更に、帰りも寝てる間に羽田に着くので、そのまま会社に出社することも出来ます(俗にいうエクストリーム出社というヤツ。何度かやってますがまだ何の問題もありません)。
なので個人的には、週末の土日だけ台湾に行くというパターンの旅行でも、存分に楽しめると思っております。

旨い:これが一番の理由かもです。ご飯がとても旨い更に安い。こちらの関しては、別の記事にもまとめておりますので、もしよろしければ見てみてください。
はてなブログ:台北に行ったら私が必ず食べるもの5選

なので、台湾について書きたいことも山ほどあります。前置きが非常に長くなりましたが、今回は台湾旅行を、より快適にするための5つのポイント通信」「決済」「移動」「会話」「宿泊」をお伝えいたします。

1.通信:日本のAmazonで台湾プリペイドSIMを買っていく

最近はイモトのWi-Fi等の海外Wi-Fiルーターのレンタルサービスも増えております。自分も出張等で使ったこともあるのですが、Wi-Fiルーターってどうも面倒くさいんですよねぇ。荷物も増えるし、いちいち接続しないといけないし、いつの間にか電池切れてたりするし、それに地味に値段も高いし。1日1,000円ぐらいかかる感じですかね。

なので自分は台湾に行く際には、いつもこちらの台湾プリペイドSIMを日本のAmazonで買っていってます

台湾に着いてSIMを差し替えるだけでそのまま使えます。
(正確にいうと自分は飛行機の中で差し替えちゃってます)
自分と妻のiPhoneも、友人のAndroidも、設定変更せずに本当に「差し替えるだけ」で使えました。もちろん設定変更が必要だった場合の日本語説明書も同梱されております。

通信速度は普通に速いです。日本で今使っているdocomoと同じぐらいの速度。一時期使っていたiijmioやBIGLOBE MOBILE等の日本の格安SIMより、この台湾プリペイドSIMの方が全然速いです。台湾の海外Wi-Fiルーターをレンタルして使ったことはありませんが、きっとルーターよりも速いです

テザリングも問題なく出来るので、タブレットやPCで使いたい場合には、このSIMを差したスマホがルーター代わりにもなります。 
(iPhoneの場合、設定→モバイル通信→通信のオプション→データローミングを「on」にしないと、台湾で4Gが入らないようです。これも同梱されている説明書にばっちし書いております。)

そしてびっくりするのが、この台湾プリペイドSIMの値段。Amazonの値段は多少変動しますが、だいたい700~800円です。この金額で5日間容量無制限でデータ通信ができます。データ通信専用SIMなので通話は出来ないのですが、そこは割り切ってます。
(中国語が話せないので、台湾で電話をするような事象は基本的には発生しないとと個人的には思っております。一緒に言ったお友達とはLINE電話等でデータ通信を使って電話することも出来ますし。後述にもありますが、電話で何かを予約する際にはホテルのスタッフの方々にお願いしたら、だいたい代わりにやってくださいます。)

自分はAppleStoreで購入した、最初からSIMフリーのiPhone8を使っておりますが、docomo等のキャリアのiPhoneでも6s以降のものであれば簡単にSIMロック解除が出来ます。そうすると、この台湾プリペイドSIMも使えるようになります。SIMロック解除についてはこちらの記事が分かりやすかったです。


最後にこちらの台湾プリペイドSIMを使う上で絶対に忘れていただきたくない点がひとつ。こちらの台湾プリペイドSIMは、SIMを抜き差しする用の「ピン」が付属していないので、そちらは忘れずに持っていってください。せっかくSIMを持っていったのにピンがなくて、使うことが出来ないなんて悲しいことになりませんように。(自分はパスポートケースに常に入れてあります)。

 -おまけ:スマホのSIMの抜き差しについて

SIMの抜き差しについては、一見敷居が高く思えるかもしれませんが、本当に簡単です。ピンを使って、トレイを抜き、SIMを入れ替えて、トレイを戻すだけです。小学1年生でも出来ます。最悪ピンがない場合でも、そこら辺にあるゼムクリップでも出来ます。保証が無くなるとかでもありません。


個人的には、Wi-FiルーターよりSIMの差し替えの方が断然便利だと思います。通信が一切途切れることなく、LINEの通知もリアルタイムで来ますし、Twitter、Instagram、Google Maps等も日本にいる時と全く同じように使えます。外国にいることを忘れてしまうぐらい快適です。

この続きをみるには

この続き:4,868文字/画像8枚

通信・決済・移動・会話・宿泊 この5点をおさえるだけで台湾旅行が、とんでもなく快適になります 完全版

TR

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
会社員。有休使いすぎでよく怒られてます。旅行が好きで、色んなところで美味しいもの食べたり、ドローン飛ばしたり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。