新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

トークイベント『ヴィジョンズ』開催のご案内

東京フォトグラフィックリサーチは、パブリック・プログラム『ヴィジョンズ』を7月13日(月)と21日(火)に開催します。


【オンライン配信のみ】へ変更のお知らせ

13日(月)と24日(火)に予定しておりますトークイベント『VISIONS #01』と『VISIONS #02』は、新型コロナウィルスの感染者数が再び増加している状況を受けて、オンライン配信のみでの開催に変更いたしました。


今回、六本木蔦屋書店で開催中の『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH 2020061620200726』展を記念して、六本木駅近くに誕生した新たなアート拠点ANB Tokyoとオンラインを会場として、TPR参加アーティストと発起人の小山泰介・山峰潤也が作品に込められたアーティストの視点や、都市・社会についてトークを展開します。

画像2

開催は7月13日(月)と21日(火)の2回です

7月13日(月)の『VISIONS #01|Conference #01』には、細倉真弓、三野新、網守将平、渡邉庸平が登場、21日(火)の『VISIONS #02|Conference #02』には、顧剣亨、小山泰介、永田康祐が登場します。モデレーターは両日共に山峰潤也(13日は小山も)が務めます。

イベントへの参加お申込みはPeatixの各イベントページをご覧下さい。

皆さまのお申込みをお待ちしております。

【イベント概要】

VISIONS #01 | Conference #01
日程:2020年7月13日(月)
時間:20時〜22時(予定)
出演:細倉真弓(写真家)、三野新(劇作家/写真家)、網守将平(音楽家)、渡邉庸平(アーティスト)
モデレーター:小山泰介(写真家)、山峰潤也(キュレーター)

VISIONS #02 | Conference #02
日時:2020年7月21日(火)
時間:20時〜22時(予定)
出演:顧剣亨(写真家)、小山泰介(写真家)、永田康祐(アーティスト)
モデレーター:山峰潤也(キュレーター)

【お申込み方法】

◆参加方法
・オンライン観覧:YouTube Live

◆参加費
・オンライン観覧: ¥500
※本イベントは、オンライン配信のみの開催へと変更となりました。

※オンライン観覧の方には開催日前に、視聴用のURLを別途メールにてご案内させていただきます

◆お申し込み
こちらのPeatixイベントページからお申し込み下さい

VISIONS #01|7月13日(月):https://tprvisions01.peatix.com

VISIONS #02|7月21日(火):https://tprvisions02.peatix.com

*会場・出演者・スタッフは下記のとおり感染予防対策をおこないます。

①会場の換気対策実施
②座席の間隔を確保
③スタッフおよび出演者は体調不良の場合出勤・登壇を自粛
④会場入室時の手指の消毒の徹底
⑤マスク着用の徹底・咳エチケットの励行


【ヴィジョンズとは

『VISIONS by TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH(通称:ヴィジョンズ)』は、サロン、ダイアログ、カンファレンスイベントを通じて、アーティストやキュレーターと様々なジャンルのゲストやオーディエンスが交流する、TPRのパブリックプログラム。人びとがそれぞれの視点や経験を持ち寄り、語り合い、共に考え、そこから生まれるネットワークとシナジーによって新たなヴィジョンを交わし合うような、クロスボーダーな「場」を創出することを目指しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
東京フォトグラフィックリサーチは、最先端の写真/映像表現を通じて、未だ見ぬ都市と社会と人びとの姿を探求し、生み出された「作品」と交わされた「対話」から見出されたヴィジョンを後世の東京へ、未来の社会に生きる人たちへと残し、伝えることを目的としたアート・プロジェクトです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。