“助成金まみれアート業界”を叩き潰すための作戦会議(2017.3.24)・もくじ

 【外山恒一の「note」コンテンツ一覧】

 「なごやトリエンナーレ」(「あいち」に非ず)の背後で暗躍する超ヤバい集団としてガゼン注目を集めている(はずの)九州ファシスト党“芸術部門”『メインストリーム』編集部の2人つまりスタッフS嬢こと山本桜子および東野大地との短い座談会である(他に外山主催の「“現役学生限定”教養強化合宿」の6期生でもある、福岡の西南学院大アナキズム研究会の“副議長”H氏も参加)。2017年3月24日におこなわれ、紙版『人民の敵』第30号に掲載された。
 読めば分かるとおり、冒頭部分は、この6日前におこなわれた森元斎『アナキズム入門』の読書会の“後日談”的なものとなっているが、話題はやがて、それこそ「なごやトリエンナーレ」の話とも関連してくる“街おこしアート”批判、助成金まみれの現代美術シーンへの批判へと移行していく。
 最後のほうで延々と続けられる、“アート業界の犬”をめぐる徹頭徹尾くだらない作戦会議の読み応えときたらもう……こんな面白い読物は他にないと断言できる。

もくじ

 その1(原稿用紙換算15枚・冒頭5枚分は無料で読めます)
 森元斎氏から突然の電話が!?
 優しいアナキストvs謀略体質のファシスト
 森元斎『アナキズム入門』は千坂史観を踏まえていた!?
 山本桜子による森元斎氏への暴言の数々!

 その2(原稿用紙換算15枚・冒頭5枚分は無料で読めます)
 九州ファシスト党“芸術部門”はものすごく真面目である
 スイス政府機関がファシズム賛美作品を賛美!?
 クラウド・ファンディング会社に応援されてみる陰謀
 “やりがいビジネス”を徹底的にオチョクる

 その3(原稿用紙換算17枚・冒頭6枚分は無料で読めます)
 “助成金アート業界のドン”を監視するファシスト党員
 アート業界の犬
 教養強化合宿の“ダダ料理”
 街おこしアート殺人事件


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て03年よりファシスト。福岡市在住。九州ファシスト党〈我々団〉総統。サイト「外山恒一と我々団」(link: http://bit.ly/1wp0Ggi)

この記事が入っているマガジン

コメント1件

ダダ料理って高級食材を台無しにしたりとかでしょうか?
とても興味をそそられます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。