世界最過激思想家・千坂恭二氏との対談2015.11.21「ファシズムと民主主義」(もくじ)

世界最過激思想家・千坂恭二氏との対談2015.11.21「ファシズムと民主主義」(もくじ)

外山恒一

 【外山恒一の「note」コンテンツ一覧】

 おなじみ(?)日本どころか世界最過激の思想家・千坂恭二氏との対談である。正確には“対談”ではなく、大阪でおこなわれた「外山恒一を囲んで飲む会」の様子なのだが、とにかく千坂氏がよく喋るので結果的に“対談”のようになっている、というものだ。
 2015年11月21日に、例の、味園ビルにある「トラリー・ナンド」という店だかギャラリーだかイベント・スペースだかでおこなわれ、紙版『人民の敵』第15号に掲載された。
 トラリー・ナンドがどういう場所であるかは、冒頭のほうで述べられている。
 そもそも、この2015年11月には“大阪ダブル選挙”という実にどーでもいいサブカル・イベントが大阪で大々的に開催されており、そんなサブカルにうつつを抜かしていないで、ちゃんと政治に目覚めなさいと人民を良導するために、外山ら「九州ファシスト党〈我々団〉」は、“ニセ選挙運動”という本格派の政治運動をもってこれに対置した。そして、期間中にはトラリー・ナンドで「外山恒一を囲んで飲む会」を頻繁に開催してもいた。大阪在住の千坂氏も、きっと本当はたぶんムチャクチャ忙しい毎日なのかもしれないが、ほとんど毎回これに参加して、「外山恒一が大阪に来てるだと!?」と素早く察知して夜な夜な集まってくる大阪の若きセンス・エリートたちを、さらに良導する活動に加担してくれたのである。
 で、ここに公開するのはその最終日の様子で、つまり翌日は投開票日ということになるが、もちろん誰もそんなことには興味がないことは、読めば分かる。
 たまに話題に上がる、意識低い系というか意識不明危篤状態系の若者たちによる愚劣なサブカル運動については、すでに公開した「“選挙に行こう!”運動を叩き潰すための作戦会議」でも詳しく触れられている。

なお、この時の大阪での“ニセ選挙運動”については、以下の動画もある。
 ●九州ファシスト党〈我々団〉の“ニセ選挙運動”in大阪ダブル選挙
 ●同 featuring東野大地 篇
 ●外山恒一の「ニセ選挙運動」@大阪ダブル選挙に密着してみた

 その1(原稿用紙換算23枚分・冒頭約11枚分は無料でも読める)
 千坂氏の「思想研究会」から「ニセ選挙運動」交流会へ
 我々団と民族の意志同盟
 ファシズム民主主義!?
 “選挙に行こう!“運動は民主主義への冒瀆
 衆愚民主主義のルーツは丸山真男!
 なぜ民主主義には魅力がないのか?
 ファシズムとポピュリズムの違い
 多数決で決める政治は白痴化する

 その2(原稿用紙換算24枚分・冒頭約11枚分は無料でも読める)
 我々団の“分っかりやすい”民主主義批判?
 全共闘は政治運動ではなく思想運動
 枢軸国側の新左翼運動
 全共闘運動の年長派と年少派
 すぐ“反戦”とかに転向していく全共闘年長派
 全共闘年少派の革命戦争路線を受け継ぐ者は……?
 浅田彰の“外部”論は“青年の主張”にすぎない

 その3(原稿用紙換算26枚分・冒頭約12枚分は無料でも読める)
 天皇は君主ではなく神である
 右翼や左翼には人々の幸福より大事なものがある!
 宿敵同士は互いに一番の理解者?
 外山流ファシズムと千坂流ファシズム
 なぜ中野正剛に着目する者が少ないのか?
 ファシズムはマルクス主義よりマルクスに近い!?
 ファシストは動物愛護の精神で人民を幸福にする
 民主主義を完成させたナチス、中途半端な明治維新


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
外山恒一
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て03年よりファシスト。福岡市在住。九州ファシスト党〈我々団〉総統。サイト「外山恒一と我々団」(link: http://bit.ly/1wp0Ggi)