見出し画像

“奴ら”の正体


遠山怜/作家のエージェント(人)を更新しました。

今回のテーマは「“奴ら”の正体」。何かに嫉妬していたり、深い劣等感を感じている時に、心の中に“奴ら”がいるという話です。やや悔恨的な話ではありますが、時代の空気的にも意味のあるテーマかと思い、記事にしました。


  ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑こちらからお読みください↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本記事をご覧いただいた方は、ぜひいいね!またはシェアしていただけると、とても嬉しいです。なお、遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(兎)での記事公開は一週間後までとなっているので、よろしければ遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(人)noteアカウントへ反応頂けると幸いです。

ーーー

▼遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(人)では創作にまつわるノウハウ、メンタリティ、インタビュー、コラボ企画などを掲載していきます。創作や表現に関わる人を応援する内容を公開しています。ぜひこちらもフォローしてください。

▼twitter

遠山怜_作家のエージェント (@PagannPoetry) | Twitter

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
lay toyama_遠山怜/ 作家のエージェント(兎)

記事は基本的に無料公開ですが、もし何か支援したいと思っていただけましたら、頂戴したお金は書籍購入か、進めている企画作業に当てさせて頂きます。

その勢いでフォローしてみてください。
33
出版プロデューサー/コンテンツ発掘人&自分もコンテンツ作る人。 前職は広告野郎。『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』6刷『ウケる人、スベる人の話し方』3刷。創作に関するノウハウやメンタリティを発信。創作する人を応援。noteマガジンpicker/企業ブランディング支援。