2030年の会社の姿を みんなで“楽しく”考えてみた(前編)
見出し画像

2030年の会社の姿を みんなで“楽しく”考えてみた(前編)

子育て楽しくなあれ -TowaStela note編集部-

はじめまして、TowaStela note編集部です。

わたしたちは、「いちばん子育ての楽しい時代をつくる」というビジョンを掲げ、育児領域でサービスを展開する会社です。
設立が2016年ですから、会社自体もまだまだ子ども。
社員みんなで、毎日毎日子育てをするように会社を育てている感覚です。

突然ですが、みなさんは自分が働いている会社が10年後、どのようになっているか想像できますか?

実はTowaStelaでは、2030年までに子育て領域のブランド価値ランキングで、日本のTOP3に入ることを目標に掲げています。
でも、10年先なんて自分のことでも想像するのはむずかしいですし、誰も「ブランド価値ランキング国内TOP3」の景色は見たことがありませんから、
みんなの中でも、目標を達成した自分たちの姿がぼんやりとしていました。

そこで、毎月社内で行っているワークショップの時間を使って、2030年のTowaStelaの姿について考えてみました。

めざしたいTowaStelaの姿を“楽しく”考える。

2030年のTowaStelaがどんな素敵な状態になっているか、
「会社」「社員」「お客さま」「影響力」の4つのテーマにわけて、アイデアを発散するワークを行いました。

ルールは4つ

①自分自身が素直にいいなと思えるものであること
②実現性はいったん考えない(まじめに考えない)
③どんなアイディアでもおもしろがる
④今回はアイデアを発散するだけで収束は意識しなくていい

それぞれのテーマについて、メンバーそれぞれが考えたアイデアをふせんに書き出して、どんどんとテーブルの上に貼り付けます。

画像1
ずらっとならんだテーブルに、びっしりと貼られたふせん。圧巻です。

・TowaStela幼稚園が誕生している(テーマ:会社)
・こども社員の入社(テーマ:社員)
・百貨店の授乳室などをプロデュースする(テーマ:お客様)
・ありとあらゆる企業とコラボしている(テーマ:影響力)

画像2


「目標」を自分たちがワクワクできる夢で彩る。

今回のワークショップでは、
社員みんなで夢を語り合うとても楽しい時間を過ごせました。

ひとりでは絶対に思いつかないようなすごいアイデアもたくさん出て、
メンバーからは
「ワクワクしながら野望を出し合うのが楽しかった!」
「みんなの希望が見られて、モチベーションが上がった!」

などなど、前向きな言葉が飛び交いました。

でも、そんな素敵な未来ってどうやったら実現できるんでしょう?

次回は、素敵な未来のつくり方について
“楽しく”みんなで勉強した様子を記事にしてお届けしたいと思います。

・・・

TowaStela では、一緒にはたらく仲間や法人のコラボレーションパートナーを募集しています。
「いちばん子育ての楽しい時代をつくる」というビジョンに共感し、当社に興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡ください!
https://www.towastela.co.jp/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
子育て楽しくなあれ -TowaStela note編集部-
「いちばん子育ての楽しい時代をつくる」という理念のもと活動するTowaStelaの公式noteです。 私たち自身もワクワクしながら、たのしい子育ての未来をつくっています。 https://www.towastela.co.jp