冨田昌吾

SNSなどで気になった投稿などを書いています。大阪のNPO寝屋川市民たすけあいの会事務局長。BLOG、FB。instagram、twitter、@totutotu1968 HP:totutotu.la.coocan.jp、researchmap.jp/shogotomita

「支援計画ってだれのためのもの?」学習会のお知らせ

#障害福祉の常識を問い直す講座 基礎編の第8回 テーマは、支援計画ってだれのためのもの? 昨年この講座を始めるきっかけになったテーマでもあります。 2021年10月11日(…

書けなくなった

昨年の7月から今年の7月までのおおよそ1年間。(ほぼ)毎日このnoteを更新していた。 発信することに挑戦する、なんてかっこよく聞こえるがとあるきっかけから半ば意地に…

面倒な言葉と自分以上のものを背負わない覚悟

今朝の記事 著作は読んでいないのだが、この記者さんの文章が目を引いた。 抜粋引用 読売新聞2020一年9月1日文化欄 「記者ノート」右田和孝記者 芥川賞直木賞165回贈呈…

介護(care)と介助(assistance)の言葉のつかいわけ

介護保険制度創設から20年。制度前提の[ことばづかい]がさも席巻している錯覚に陥ってしまう。 そもそもは介護(care)と介助(assistance)の言葉のつかいわけは。。…

科学の子

科学の子と言われて、鉄腕アトムと答えるのは昭和年代でも私より上の高度経済成長期の人たちなのだろうと思う。 こどもときからのアニメ、インベーダー世代に属するだろう…

「かくされた悪を注意深くこばむこと」

「生きること」と「生活すること」/「仕事する(暮らす)こと」と「稼ぐこと」 暮らすこと/仕事することと「稼ぐこと」を山村の暮らしから書かれたのは内山節さん、大学…