新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ガチ大儲け】米国債逆イールド! 大儲けできるかも! 口座開設から超具体的方法!

どうも、昔、株式投資で2300万円も溶かした、非常に経済に明るい元東京大学非常勤講師、とつげき東北です。ものすごく信頼できねぇ。

(※本当に信頼できない方は、某超有名なTVにも出てるFP(ファイナンシャル・プランナー)とのやりとりをどうぞw これ読み終わってからねw)

画像22

元金から40倍くらいは軽く儲かっている方、本当にごめんなさい。
私の記事はうまくいってその程度のものです。
+300万円とかしょぼくて申し訳ないです。

友人にもこの記事をお勧めしていたため、大勢の方から「幸せ報告」が届いています

画像30

画像29

幸せ

※4000万円超や1,500万円超が出ました!

お礼

画像23

画像24

うわこの人元本でけえ!!

幸せい

しあわせ

※こっちもでけえな……

幸せあ

※小さい額でもできます。

今回は、私のやっているやり方の紹介です。
こうしたら儲かるよ、とか、この方法を勧めるよ、とかではないです。
ただただ、私のやり方を紹介し、もしそれをまねるという意味不明な損しがちな行動をしたいなら、どうするべきなのかを教えます。
儲かる保証とか全然ないっつーか、たぶん損します。
一応リスク限定的(自分の決めた一定額以上は絶対損しない)で、「ひょっとすると」ものすごく儲かる「かもしれない」、「割のいい宝くじ(宝くじは元々期待値小さいので)」投資について、私が行っている方法を超絶具体的な手順(口座開設から実際の売買方法、月に1度だけの買うタイミング、いくら買うか、権利行使はいつするつもりか等)、SQやオプションなど専門用語のやさしい解説を書きます。
その内容は、基本は月に1度、買うだけです。
よほどのことがない限り、細かい株価チェックとかしないです。
「儲かったから売る手続き」とかもしません。クソ楽です。
手元資金としては、最低月1000円から
行けます。
ちなみに「お、かなり儲かってる!」と思って「利益確定」するのは損だと思うので、どうやったら「もっともっと欲張れる、と考えているか」も書いています。

あいかわらず「知っていれば良いことだけ」を書きます。よけいな知識はごちゃごちゃ書きません。

日経225コロナ

2020/2/26朝。こちらは新型コロナウイルスが問題となって2営業日で日経平均先物が1,000円ほど落ちた状況です。建て単価の5倍になっていますね。

プットオプション

2020/2/27夜です。少しだけポジションを動かしましたが、昨日の倍くらいになっています。

すとらどる的

2020/2/28朝。正直「株式相場の変動なんてわかんねえよ」という当たり前の前提から、ストラドル的な買いも入れつつ、とりあえず得しようという試みです。

0228夜

2020/2/28夜。3限月で儲かった分で4限月に買い替え。株価回復による利益の急速な下落をカバー(ただし大儲け確率は減る。こんなんはさじ加減)。

画像20

2020/2/28深夜。すげえ儲かっているけど、月曜どうなるかはわからないので、「必要がある人」はここで一部「利益確定」とかしておいた方がいいです。

画像21

2020/2/29の朝がた5:34。なんかわからへんけど、どうやっても儲かってる。少なくとも元本の利確は済んでる。今後ともこういう下げはあると思うよ。しらんけど。

【重要注意】
投資は自分の責任でお願いします。
この記事は、いわゆる「投資助言」ではありません。
私がこうしている、こう考えている、こうなったらいいなと思っている、というだけです。繰り返しますが私は投資で2300万円負けている投資下手です。
これを実行することを推奨したり、これを実行するとあたかも儲かりがちであることをほのめかすものでもありません。
「私はこう考えて、こうしている」という参考です。
今後の株価が騰がるか下がるかは、「まったくの謎」です。
よって、損する可能性は普通にあります(ただし、リスク=最大損失金額が完全にコントロール可能である仕組みではあります)。
例えば月1万円ずつ3年間賭けて、36万円損する、ということが期待できます。こんなのはやめておいた方が得策です。何を損しようとしてるんだ。
この記事を読んだことで、何かの損失や損害が出たとしても、その責任は読者あなたのものであり、筆者とつげき東北は一切保障、賠償等できません。

2019/09/01
・Q&A1件追記「利益確定方法について」
・Q&A1件追記「学生さんが口座開設ではじかれる場合の対処法」
2019/09/02
・Q&A3件追記「いつ買うべきか、具体的な計算をしなければならないか」等
2019/09/05
・金(ゴールド)が年初来最高値更新した情報を追記
・Q&A2件追記「利益の計算方法」等
・Q&A2件追記(コメント欄にあった質問への回答)
・Q&A2件追記「暴落初期段階での、中期への切り替え」等
2019/09/06
・取引の概要についてわかりやすく追記
・Q&A1件追記「自動か否かについて」
・Q&A1件追記「利益確定の額について」
2019/09/08
・Q&A5件追記「注文の画面の見方、取引時間、確定申告、資産の保全の方法について等」
2019/09/09
・Q&A3件追記「資産の保全方法について調べた等」
2019/09/23
・Q&A2件追記「暴落のタイミング等による賭け方の違い等について」

以下は、「私がこう考えている」という、ある種の妄想です。
本当に儲かりたい方は、他をあたってください。

※投資助言について弁護士の先生の見解:
勝部 泰之 弁護士:投資助言とは、顧客との投資顧問(助言)契約に基づいて、金融商品への投資判断について、お客様に助言を行うことをいいます。一般的な情報の提供は助言には該当しません。

逆イールドカーブ発生! 暴落の前兆!

まず、なぜ今これをやっているかを書きます。
2019/8/14、米国債の10年ものと2年物との間で、逆イールドが発生しました。
え、意味不明なこと言うな?
うん。覚えなくていい。

もし覚えるなら、2019/8/14、Xが起きた、と覚えてください。
語呂合わせでは「一句パーイヨー、X」です。超覚えにく!

Xが起きると、その1~2年後くらいに、米国が景気後退する、ということが経験上わかっています(経験だけでなく、理屈もつけられます……金融経済からの実体経済への波及がうんたら……が、割愛)。
景気が後退すると、NYダウ(にゅーよーくだう:日本でいう「日経平均株価」みたいなもの)が、けっこう暴落します。そして日本の日経平均も暴落します。

画像1

この図で点線の〇で囲まれたのが「逆イールド」、網掛部分が「景気後退期」です。
Xが起きた後しばらく株価が上昇し、その後ズドーンと落ちていくパターンが、歴史的に(少なくとも過去50年では100%)繰り返されています

今回Xが起きた
ということは、「今後数年後の暴落が起きる可能性が高い」です。
事実、8/14、逆イールドが発生したことを受け、その日のNYダウは800ドル(2019年で当時最大の下落幅)も急落しました。
市場参加者(プロ)にとっては、これは「常識」なわけです。

2008年。リーマンショックの時はどうだったか

金融危機というのは、けっこう、10年に1度くらいのスパンでやってくるのが歴史ですが、リーマンショックの時、日経平均(日経225とも言います)価格はどうなったか見てみましょう。

画像2

はい、ものすごく落ちていますね。
リーマンショックの余波で、世界の株式の時価総額の60%が失われたのです。
ということは、株式(日経平均全体と連動するような商品)を「お金を出して借りてでもいいから、それを売っておけば」、「暴落したときに買い戻して差額が儲かる」わけです。
ただ、それは普通の「株の空売り」であり、予想が外れて暴騰してしまった場合、際限なく損します。

そんなリスク怖すぎ。2300万円損するわ。あれ、なにかがフラッシュバックして胃が痛い。

*2019/09/05追記:金(ゴールド)価格がどんどん上がっていて、つい先日、年初来最高値更新しましたね。ゴールドは、株式などの「リスク資産」の真逆、「一番安全な資産」です。それがこんなに売れているのは、何故でしょうね🤗

リスク一定で、「下がったら大儲けできる」方法!

株式でも何でも投資の世界はそうなのですが、「売りから入る」行為は、基本的にリスクが理論上無限大になります(厳密には、そうでないものもあります)。「売りから入る」には、「金を出して借りてきて、それを売る」ということだからです。
あとで必ず買い戻す義務を負う。
買い戻すとき、値段が上がっていたら(そして価格上昇は際限がない)、それだけ分たくさんお金を払う必要があります。これは怖い

だからこそ、今回は「リスクは有限(自分で決めた額まで)」なのに、「もしも」株価が大幅に下がったら大儲けできる方法を具体的に、口座開設から買い方やタイミングまで全て、書いた記事なのです!

具体的には、仮に「リーマンショック級」だと、日経平均4000円分の差額が取れます。そして、今は「リーマンショックの数十倍程度の大破壊が待っている」と私が思う理由について、日本のメディアでは全然取り上げられていない「プロの常識」っぽいものの話を、詳しく述べていきます。

また、購入者の質問へのQ&Aなども追加していきます。これが知りたいあれが知りたい、ここはどうなってるの、何でも聞いてください(私の妄想全開で回答いたします)。
さらに、状況が変化したり、より詳しい解説(私の妄想)を追記していく予定です。

よろしくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ 

この続きをみるには

この続き: 21,205文字 / 画像13枚

【ガチ大儲け】米国債逆イールド! 大儲けできるかも! 口座開設から超具体的方法!

とつげき東北

9,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大吉です(おみくじ)
221
ベストセラー戦術書『科学する麻雀(https://amzn.to/2Qz6B2J )』著者。 元東京大学非常勤講師。こんな人 https://gendai.ismedia.jp/list/author/tohokutotsugeki totutohoku@hotmail.com

こちらでもピックアップされています

投資やお金の話
投資やお金の話
  • 10本
コメント (24)
購入して、拝読いたしました。
初歩的な質問で恐縮ですが、今現在1円で買える一番高いものは9750円だったのでした。
この状況においてもこれを10枚買うのがベストな選択だとお考えでしょうか?
コメントが追い付いておらず申し訳ありません。
TwitterのDMの方が気づきやすいです。

>iwankofu様
ありがとうございます。
この記事を書いた当時は、本当に「順調に」株価が上昇していて、1円でいくらでも手軽なものが買えました。
しかし今は波乱の相場なので、「3000円下がる」くらいはけっこう「ありがち」になったため、プレミアムが高くなってしまっています。
ですから、最低価格1円となると相当困難です。
このような場合、例えばですが、今では1枚23円で6限月の6000円のものが売っています。これなら2枚12000円で買えますね。
(こちら、私は13.2円の建単価で15枚保有していて、+145,405円の利が出ています(この程度の利はすぐ変化しますが))。

限月が近いほど、そして値が安いほど、爆発力があります。
なぜなら「通常起きえないほどの動き」があった場合に跳ね上がるからです。

私の妄想では、4月5月あたりに新型コロナが日本を直撃したり、5月18日の1~3月期GDP発表が悲惨なことになったりすると、宝くじが当たるかもなぁ、と思っての6限月です。
購入して拝読しました。
凸さんの記事を出発点にオプション取引について色々と勉強することができました。まだ口座開設されてないので、実践は少し先ですが(その間に暴落したら…しゃーないw)、ありがとうございます。
まだまだ乱高下するので、宝くじはできると思いますよ! 購入いただきありがとうございます! 1日で50万円とか普通に儲かったり損する楽しみを、人生の糧にしていただければ最高です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。