見出し画像

お金のプロ(CFP、1級FP技能士)がメインで使うクレジットカード2枚を紹介

HIBIKI FP OFFICE(愛知県名古屋市のファイナンシャルプランナー)の重永です。

資産形成コンサルタントとして名古屋駅直結のJPタワー名古屋21階でFP事務所を営んでいます。

お金が大好きな私はケチ(倹約)を極め続け、陸マイラーとして2019年は1年間で約37万マイルを貯めました。(約500万円分)

そんな私がメインで使っているクレジットカードを、2枚紹介します。

この2枚があれば、生活費を約110万円決済するだけで、飛行機代と高級ホテル1泊が無料で沖縄旅行に行けます。

・なぜマイルを貯めるのか?

支出を収入に変えることも立派な資産形成です。

私が「資産形成コンサルタントです」と名乗ると「お金ないので。。」と敬遠する人がいます。

資産形成とはお金を0から積み上げていくことはもちろんですが、日々の支出を減らすことも立派な資産形成ということです。

「正しい貯金の仕方」をマスターしている人は、これが自然とできているのです。

では正しい貯金の仕方とは?
  間違った貯金の仕方とは?

どうしても削れない支出はマイルに変えましょう。

・間違った貯金の仕方

①給料(手取り)30万円が普通預金に振り込まれる

②生活費として25万円をATMで引き出す

③普通預金に残った5万円が貯金

画像1

これは間違った貯金の仕方です!

では正しい貯金の仕方とは?

・正しい貯金の仕方

①給料(手取り)30万円が普通預金に振り込まれる

②普通預金から貯金額5万円を別口座に移す

③残った25万円で生活する

画像2

先ほどとは②と③の順番が入れ替わっただけです。

収入を得たら、先に貯蓄額を差し引いて、残ったお金で生活する努力こそが貯金です。

理想は手取り収入の4分の1以上を強制天引きして、貯蓄・資産形成に回したいものです。

・支出を収入に変える

どうしても削れない支出を工夫することで収入(マイル)に変えてしまいましょう。

現金払いではなく、全てクレジットカード決済に変えることで無料で飛行機に乗ることが可能になります。

現金で支払っていた生活費を、あるクレジットカード決済に変えるだけ!

食費、交際費、光熱費、携帯代、保険料、これだけで年間いくら支払っていますか?

少しの工夫で、誰でも“無料”で旅行へ行けるのです。

・マイルの価値とは?

「名古屋→那覇」何マイル必要なのでしょうか?

画像3

※ANA公式HPから引用

レギュラーシーズンの場合
「名古屋→那覇」は片道9,000マイル必要です。

では同区間の航空券を特典航空券ではなく
公式HPから購入するといくらするのか?

画像4

※ANA公式HPから引用

レギュラーシーズンの場合
「名古屋→那覇」は片道最安値30,010円です。

(早割だともっと安いぞ!とツッコんだ人はツッコミの才能がないので一生早割料金で乗ってください)

1マイルの価値を割り出すために、中学校で習った方程式が人生で初めて役に立つ時が来ました。

「名古屋→沖縄」
・特典航空券9,000マイル
・通常航空券30,010円

これが同じ価値になりますので
9,000マイル=30,010円
1マイル≒3.3円になります。

1マイルの価値がもっと高まることもあります。

次はハワイへの航空券で同じように比較します。

「名古屋⇔ハワイ(ホノルル)」特典航空券

画像5

※ANA公式HPから引用

レギュラーシーズンの場合
「名古屋⇔ハワイ(ホノルル)」は
往復120,000マイル必要です。

では同区間の航空券を公式HPから購入すると、通常いくらなのか?

画像6

※ANA公式HPから引用

レギュラーシーズンの場合
「名古屋⇔ハワイ(ホノルル)」
この日は往復1,535,450円です。

中学校で習った方程式が人生で役に立つ時が来ました。(2回目)

「名古屋⇔ハワイ(ホノルル)」往復
・特典航空券120,000マイル
・通常航空券1,535,450円

これが同じ価値になりますので
120,000マイル=1,535,450円
1マイル≒12.8円になります。

先ほどの「名古屋→那覇」のときよりも1マイルの価値が高まりました。

なぜ先ほどよりも3倍以上もマイルの価値が上がったのでしょうか?

・席や行先によって価値が変動する

エコノミークラスよりもビジネスクラス
ビジネスクラスよりもファーストクラスの方が
マイルの価値は高くなります。
(航空券を購入せずにマイルを使った方がお得になる)

便によっては
1マイル=20円を超えるものも!

気を付けたいのは
マイルは貯め方によって有効期限があることです。

いくら海外行きのファーストクラスがお得とはいえ、
時間を掛けすぎて貯めているとマイルが失効してしまうかもしれません。

・ANAマイルかJALマイル、どちらがオススメ?

ANAとJAL、どちらがいいかは人によります。

なぜ私がANAマイルを貯めているのか解説します。

・マイルを使える航空会社が多い

ANAマイルで乗れる飛行機はANA機だけではありません。
世界39社の飛行機に乗ることが出来ます。

「ANAマイルを使えるスターアライアンス航空会社」

画像7

※ANA公式HPから引用

「ANAマイルを使える提携航空会社」

画像8

※ANA公式HPより引用

スターアライアンスと提携航空会社を合わせて世界39社の飛行機に乗ることが出来ます。

・JALマイルで乗れる飛行機は?

JALもANAと同じように「ワンワールドアライアンス」というものがあり、ほかの航空会社の飛行機に乗ることができます。

画像9

※JAL公式HPより引用

世界14社の飛行機に乗ることが出来ます。
これだけでも世界中どこでも飛べますが、
個人的にANAマイルで乗れる飛行機の方が使い勝手がいいと思い、私はANAマイルを貯めています。

よく行く国によって便数が異なりますので、個々の事情に合わせてどちらのマイルを貯めるか決まるとよいでしょう。

・クレジットカードの選び方

【国際ブランド】

私は2枚のクレジットカードをメイン決済として利用しています。
なぜ2枚なのか?
お店によって使えないカードがあるから1枚では不安なのです。

というのも、国際ブランドによって利用の可否が決まります。

上記の理由から、2種類の国際ブランドのカードを保有することをオススメします。
私はMasterCardとAMEXをメイン決済カードとして利用しています。

なぜこの2枚なのか?

日本国内で使える主な国際ブランドは
この5大ブランドです。

画像10

VISA
MasterCard
JCB
AMEX
DinersClub

「VISAかMasterCardで1枚、その他3ブランドのうちで1枚」ということをオススメしています。

画像11

日本国内でVISAもMasterCardも使えない店はほぼないでしょう。
逆に海外では使えず、AMEXなら使えることがあったりと、
青線で分けた上と下で1枚づつ保有していれば
「国際ブランドに対応していないからカード決済ができない」ということはありません。


「VISAかMasterCardで1枚」について
なぜVISAではなくMasterCardなのか?
どちらも利便性の面ではほとんど変わりません。

が、海外での利用では差が出ます。
為替手数料がVISAよりもMasterCardの方がわずかに安いのです。
小さな差ですし、今後どうなるかわかりませんが。。

ちなみに東京オリンピックのチケット購入はVISAカードか現金決済のみでした。(私は全て落選しました)

画像13

・おすすめクレジットカード1枚目

StarPreferredGuest、通称SPGカードです。
国際ブランドはAMEX

スクリーンショット (211)

【年会費31,000円】
100円につき3ポイントが付与されます。
ポイントの1年間ポイントを獲得or利用しないと失効します。
利用し続けていれば有効期限は実質無期限です。

このポイントは系列のホテルに宿泊や、
世界中様々な航空会社のマイルに交換することが可能です。

たとえばANAマイルに交換する場合は
3ポイント=1マイルです。
つまりカードの還元率は1%になります。

まとめて60,000ポイントを交換すると
60,000ポイント=25,000マイルとなり
還元率は1.25%になります。

年会費が高い!?大丈夫、簡単に回収できます。

入会から1年後の更新時に系列ホテルで使える「無料宿泊特典」をもらえます。
2名分までの一泊一室料金が無料になる特典です。
原則、除外日はありません。正月でもGWでも利用できます。

利用できるホテルはカテゴリーに分けられており、上手に使えば年会費以上の価値がある部屋に宿泊することも容易です。

実際にとらしげが無料宿泊特典を使って「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」に宿泊した際は、最低ランクの部屋からアップグレードされて、露天風呂付個室に案内されました。

この部屋は高い時で1泊20万円以上します。

これだけでも年会費を支払う価値があります。

画像14

SPGカード保有者は、自動的にマリオットボンヴォイグループのゴールドエリート会員になれます。

マリオットボンヴォイとは、リッツカールトンホテルやマリオットホテルなどで構成される高級ホテルグループです。

画像15

【マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員の特典】
・滞在ごとのボーナスポイント
・空室があれば部屋をアップグレード
・レイトチェックアウト(14時まで)
・ウェルカムギフトとしてポイント進呈
・無料高速Wi-Fi
・ベストレート保証 etc…

通常は15時からチェックインなのですが、
先日12時半にホテルに到着し、ダメもとで
聞いてみたところ2時間も早くチェックインさせていただけました。(以下で詳しく書きます)

・とらしげが実際に泊まってきた

予約時:パーシャルツイン
広さ:28㎡
一人当たりの参考料金:¥8,904~¥87,716

最安値は2名で17,808円なので、
オフピークにアップグレードなしの場合
無料宿泊特典を利用すると年会費の元は取れません。

画像16


チェックインすると、お部屋をアップグレードしてくれました!

アップグレード後:プレミアムラナイルーム
※半露天風呂付個室
広さ:50㎡
特典:ラウンジ無料(缶とペットボトルのソフトドリンク飲み放題、クッキー食べ放題)、冷蔵庫内の飲み物(ビール3本とお茶2本)無料
一人当たりの参考料金:¥14,181~¥111,804

最高値は2名で223,608円です。(8月のピーク時)
私が宿泊した日でも2名1室106,960円でした。
しかも2時間も早くチェックインさせてくれました。

画像18

・おすすめクレジットカード1枚目 まとめ

・年会費31,000円(税別)でポイント付与率3%、マイル還元率は1.25%(ANA、JALマイルの場合)
・更新時に無料宿泊特典
・空港ラウンジへのアクセス(同伴者も無料)
・手荷物の無料宅配
・マリオットボンヴォイのゴールドエリート
→レイトチェックアウト(14時まで)、空室があれば部屋をアップグレード、レストラン割引等の優遇
・ポイントの有効期限は実質無期限

保有しているだけでも価値があると言えます。

【マイルとSPGフル活用 沖縄旅】
YouTubeでも紹介しています。

ポイントサイト経由で作れば数千ポイントをゲットできるかもしれません。
ですが、もっと多くのポイントをゲットする入会方法があります。
それは現会員からの紹介です。

紹介による入会で39,000ポイントもらえます。
・現会員からの紹介
・カード発行から3ヶ月以内に10万円以上決済
上記2つの条件を満たせば36,000ポイントと10万円決済分の3,000ポイントの計39,000ポイントが付与されます。

私からの紹介も可能ですので、下記より御連絡頂ければ紹介URLを送らせて頂きます。

LINE公式アカウントのトークにて「SPG」と送信してください。

・おすすめクレジットカード2枚目

少ない年会費で、マイル還元率1.5%!有効期限は無期限!
さらに、条件を満たせば少ないマイル数でANA飛行機に乗れるので、SPGアメックスカードと組み合わせると飛行機代もホテル代も無料になります。

この続きをみるには

この続き: 3,496文字 / 画像9枚

お金のプロ(CFP、1級FP技能士)がメインで使うクレジットカード2枚を紹介

とらしげしゃちょー

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とらしげしゃちょー

カネが全てではないが、全てのことにカネが必要だ いただいたお金で経済を回します!

HIBIKI FP OFFICE代表FP メイン業務である資産形成・運用については顧客からの信頼も厚い。 【保有資格】 日本FP協会認定CFP® 1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格) 宅地建物取引士(国家資格) 証券外務員Ⅰ種 歴史検定5級(小学校卒業程度)