生活できるお金がないとき—生活保護
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

生活できるお金がないとき—生活保護

お金がなくて生活できなくなったとき、国から 生活保護というお金を もらえます。
仕事をクビになった、勤めていた会社がつぶれた、病気になって働けない、などの理由で お金がなくなってしまったときに、生活保護が使えます。
アルバイトをしていたり、年金をもらったりしていても、そのお金だけでは生活できないときは、生活保護をもらえます。
生活に困ったら、生活保護をもらうことを 考えましょう。
ただし、貯金や資産(土地など)が十分にある人や 家族からお金をもらって生活している人は、生活保護は もらえません。

生活保護をもらうときは、役所で 手続きをします。
断られた場合でも、弁護士が手続きを手伝うことで、もらえるようになることもあります。
弁護士に手伝ってもらうときに、お金は かかりません。
法テラスや弁護士会で 相談にのってくれます。
また、トラ弁ネットにも 相談できます。

---

このコラムは、トラ弁ネットの弁護士が書いて、一般社団法人スローコミュニケーションさんに「分かりやすい」版に書換えをしていただいたものです。

一般社団法人スローコミュニケーションさんのホームページは、次のとおりです。

また、ルビあり版を、以下のとおり、トラ弁ネットのホームページにアップしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
障害のある人の支援に関わっている弁護士有志の全国ネットワークです。noteでは、障害のある人にも分かりやすいコラム・ニュースなどを載せていきます(一般社団法人スローコミュニケーションさんとの共作です)。ルビあり版は、ホームページに載せています。