執筆者からUX執筆者への進化

執筆者からUX執筆者への進化

終活の準備

Evolving from writers to UX writers
執筆者からUXの執筆者に進化
Elizabeth Hui Reese, Microsoft
マイクロソフト社エリザベス・ホイ・リース著
Talk to anyone who started out as a tech writer at the beginning of this century, and they’ll regale you with stories of spending time in big docs, long publishing times, and an inability to change things quickly. I started out during this period, editing big binders of training materials for our customers who were studying to gain Microsoft certifications. These days, it’s rare for me to write an article that’s more than 100 words. The focus of the writers on my team is no longer on text-heavy documentation, but on how to craft the right in-product messaging that’s targeted, helpful, and delightful—all in phrases that are sometimes shorter than a 140-character tweet.
今世紀の始まりにテクニカルライターとして仕事を始めた誰かに語りかけてください、そうすれば彼らは大きいドキュメントで時間を過ごすことについての物語や、長い出版時間と速くものごとを変える能力のなさであなたを楽しませるでしょう。 私はマイクロソフト証明書を得るために勉強していた我々の顧客のための訓練資料の大きいバインダーを編集にこの期間、取り掛かりました。 このごろ、私が100以上の単語である投書を書くことはまれです。私のチームの執筆者の焦点はもう本文の比重が高いドキュメンテーションにありませんが、しかしどのように正しい製品内メッセージを作る方法について焦点があり、それは、すべて140文字のツイッター より時々より短い句が助けになり、楽しく、目標を定められます。
And it’s our customers who have driven this evolution. Time is a valued commodity, and any taken away from the task they’re trying to complete because they have to read an article about how to do it has a direct impact on their satisfaction in using our products. Our challenge as writers has been to figure out how to meet our customers where they are and serve up valuable tips and information in ways that are easily discoverable and consumable.
そしてこの進化を駆動してくれたのは我々の顧客です。 時間は貴重な役に立つもので、彼らが、完了しようとしているタスクから得られます。何故なら、どのようにそれをするべきかについて、彼らが記事を読まなければならないから我々の製品を使って彼らの満足感に直接の衝撃を与えるからです。 執筆者としての我々の挑戦は容易に発見できて、消費できる方法で貴重なヒントと情報を提供するところでどのように我々の顧客に出会うべきか、理解することでした。
How did we do it? The first thing we considered was how we were talking to our customers. What was the voice and tone of Microsoft? How were the words we were using affecting our conversations? Several years ago, several writing teams at Microsoft, working independently at first, but then coming together with our peers in Marketing and Branding, looked at how we’d been talking to our customers. We quickly realized that our words were getting in the way—sometimes preventing people from getting the info they needed. So we developed three voice principles—Clear and concise, Ready to lend a hand, and Warm and relaxed.
我々はどのようにそれをしましたか? 我々が考慮に入れた最初のことは我々が我々の顧客に語りかけていた方法でした。 マイクロソフトの声と口調はどうでしたか? 我々が使っていた単語はどのように我々の会話に影響を与えていましたか? 数年前に、マイクロソフトのいくつかの執筆チームが、最初独立して働いていたが、しかしマーケティングとブランド化でそれから我々の仲間に参加して、我々がどのように(すでに)我々の顧客に語りかけていたか調査しました。 我々はすぐ我々の言葉が障害となっていることを悟りました -それは、 時々必要とした情報を人々が手に入れるのを妨げることです。 それで我々は3つの音声原理を開発しました -それは、 明確に簡潔で、手を貸す準備ができていて、そして温かくて、そしてリラックスすることでした。
We’ve applied them across all our content, from pre-sales marketing to end-of-life support content and for all audiences, from average end-users to highly technical developers and IT admins. In addition to grounding our writing, we’ve been able to point engineering partners to these principles when there have been concerns around the language, and they’ve provided us with a way to talk about our audience and how to meet their needs through the UX and content.我々は我々のすべてのコンテンツにわたり、販売前のマーケテイングから製品寿命機関サポートするコンテンツまで、そしてすべてのオーディエンスのために、平均的なエンドユーザから高度な技術デベロッパーや IT アドミニストレーターまで、それらを適用してきています。 我々の執筆の基礎となることに加えて、言語に前から関心があるときには、我々は(今まで)エンジニアリングのパートナーをこれらの原則に向かわせることが可能でした、そしてそれらは我々の聴衆についての語り方とUXとコンテンツを通して彼らのニーズを満たす方法を我々に提供してきました。
The next thing we turned our attention towards was the data. Our goal as UX writers is not only to impart information, but also to create clarity. And we’ve learned that we can’t base decisions on our assumptions about our customers’ needs. Having the ability to experiment with both our product UI and on help articles has provided some valuable insights, which in turn have allowed us to show how the specific skills of our writers can have a tangible effect on the bottom line.
我々が我々の注意を向けた次のことはデータでした。 UXの執筆者としての我々のゴールは情報を与えることだけではなく、明らかにすることです。 そして我々は我々が我々の顧客の必要について我々の仮定に決定を基礎づけることができないことを知りました。我々の製品 UI とヘルプ記事の両方ともを使って実験する能力を持つことは、今度は我々が我々の執筆者の特定の技能がどのように肝心な点に明白な影響を与えることができるか示すことを可能にした若干の貴重な洞察を提供しました.
Take for example the first-run experience for the Microsoft Edge mobile app, where the original version was very text heavy, and it was unclear what action the customer was supposed to take. In the 2nd version that we tested, the writer shortened up the descriptions, and then rewrote the titles to make them more actionable. With these simple adjustments, we saw a 3.7% decrease in abandonment on Android and a 9.4% decrease in iOS.
オリジナルのバージョンは、非常にテキスト偏重であったが、マイクロソフトエッジの携帯アプリケーションのために最初に運営された経験を例に取ると、そうすれば顧客がどんな行動をとるはずであったかは不明確でした。 我々がテストした2番目のバージョンで、執筆者は記述を縮めて、そして次にそれらをいっそう処置可能にするためにタイトルを書き直しました。 これらの単純な調整で、我々は Android 上の放棄で3.7%の減少を、そして iOSで9.4%の減少を見ました。
Before
以前

After
事後

この続きをみるには

この続き: 4,230文字

執筆者からUX執筆者への進化

終活の準備

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
終活の準備
先端技術情報について情報発信をしたり、暇つぶしに依頼された英日/日英翻訳の仕事をご予算に合わせてできるだけ引き受けてます。コンテンツ制作の英語情報も翻訳して少しずつ無料で公開しており、まとまったものを読みたい方には有料で公開していますので興味があれば、ご覧下さい。