見出し画像

犬を育てるなんて無理

こんにちは。

今日は「犬を育てるなんて無理だ」ということに関して書いていこうと思います。

一応、僕自身20代はドッグトレーナーとして活動していて現在も犬4頭と暮らしているので、一般の人よりかは犬に関する知識や経験はあるんじゃないかと思っています。

画像1

その中で得た気づきで結論「犬を育てるなんて無理だ」という結論に至りました。

正確には「犬を育てると思っている時点で犬育てなんてできないですよ」という話です。

「育てる」というのは相手に足りないものを気づかせてあげることだと僕は思っているのですが、その時点で潜在的に自分>犬という図式があるような気がしています。

実際、犬を飼っている人たちなら共感してくれるのではないかと思いますが犬たちの方が遥かに精神的に達観しているなと感じる時はないですか?

よく子供が泣いている側で優しく寄り添う大型犬などがイメージで使われたりしますが、あんな感じ。

犬たちの方が自分たちのことを全て見透かしていて守ってくれているような気持ち。

そんな感覚って結構感じたことがある人は多いのではないのでしょうか。

うちにはシェパードがいるのですが、彼との関係性で僕は散々悩みました。

正確には今も悩み続けています。

言うことはなかなか聞かないし、すぐうれションしたりします。

そんなこんなで彼がまだ1歳くらいの頃、あまりに僕とドン(シェパード)が噛み合わないので、恩師のところに相談にいきました。

どうしたらこの子をうまく育てられますか?と。

そうしたらその方から一言、こう言われました。

「中道くんは生き方でドンに負けてるね」

それはもう、方法論とか技術とかそういったことではなくて腹の底から

腑に落ちた表現でした。

彼らは生きることに純粋でまっすぐです。朝起きれば運動したいし、遊びたい。お腹が空いたらご飯も食べたいし、人という生き物を信頼したい。

そこには生きることの覚悟のようなものが当たり前に備わっているんです。

一方でその頃の僕はというと

散歩はこのくらいでいいかな

朝もうちょっとだけ寝坊してもいいかな

やることやったらあとはだらけて過ごそう。

みたいな感じで生きることや生活することに覚悟がなかったんです。

いかに楽をできるかばかり考えていた。

そんな姿や考えを犬たちは全てわかっていて、そりゃ自分がドンの立場だったらこんな人の言うことを聞こうなんて全く思わないし、そもそも育ててもらってるなんて絶対に思わないだろうな。とその時実感しました。

それから僕は生き方を強くしようとしました。

朝は必ず5時までには起きる。毎朝毎夕どんなに仕事があっても散歩に行く。

休みの日は自分も犬もワクワクするところに行って一緒に汗をかく。

犬とお話する時間を増やす。

そうしていくうちにドンとの関係も良くなっていきました。

ある時ふと自分の生活が変わっていくことに気がつき、

「ドンに自分が育てられていたんだな」ということに気が付き感謝が溢れました。

画像2

これは子育てなどにも通ずる話なんじゃないかと思いますが、結局のところ犬たちは僕たちが思っているより遥かに生き方に関しては先輩で、一生かかっても追い抜くことはできないのではないかと思っています。

犬という生き物は本当に不思議で、それでも人間の側にいていつも僕たちに学びを与えてくれます。

そうしたことをもっと多くの人が実感できれば、きっと犬に対する見方も変わってくるのではないかと思います。

自分の犬とご自分を比べてみたときに、自分が犬に与えているものよりも犬から与えられているものの方が多いのではないでしょうか。

そう考えると犬たちを尊重するということがトレーニングの第1歩なんじゃないかといつも思っています。

僕もまだまだ犬との関係性には満足いっていません。

でもそれはきっとそれで良くて、僕は今日も犬たちから生きる強さ、信じ抜く強さ、当たり前を当たり前に過ごす大切さを学んでいます。

その恩返しと考えたら朝の散歩など屁でもないです。自分も朝の散歩は大好きです。

時折、犬を無理矢理自分の器の中に閉じ込めようとする人がいますが、そもそも犬たちは全て僕たちよりも遥かに尊い覚悟を持って生きていると思います。

そう考えると、そもそも犬を育てると思うこと自体なんだか少しズレてしまっているような気がします。

人も犬も一生懸命生きた結果、最終的にはどちらも育ったよね。と言うのが本来の犬育てのような気がします。

もちろんこれは僕の主観ですので違う場合もあるとは思います。

自分の未熟さ故に出してしまった結論かもしれません。

僕も彼らを追い越すことはできなくても、同等くらいの生き方をしていたいなといつも彼らと過ごしながら思っています。

画像3

とっても寒い日が続いてます。

犬にも人にも厳しい季節ですがそんな時こそ外に出て犬たちと思い切り遊ぶ時間を大切にしたいですね。

今日も読んでいただいて本当にありがとうございます。

これからもこんな感じで日々感じている犬たちのこと、写真のこと、自然のことなど綴っていければと思ってます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いいねありがとうございます。あなたのお陰で頑張れます。
95
自然が大好きです。写真や映像、文を書いて自分を表現しています。 2018年にアラスカ北極圏へ行き、野生のホッキョクグマの撮影をしそこから毎年のように北海道の知床で撮影を続けています。 ラブ・ビーグル・シェパード・ボルゾイと暮らしています