見出し画像

スロバキアに行って来た話

 弟が日本から来てくれて帰りの飛行機がウィーンだったので彼を送利、ウィーンから1時間で行けるブラチスラバに行って来ました。OBBのBratislavaチケットを使い16€でウィーンからの往復とブラチスラバの市内交通が利用できるお得なものでした。

 (外国の地域チケットは往復するだけで元が取れるものが多いし好きな時に乗降車できるので自分は重宝してます。)

 今回はブラチスラバの印象を自分の訪れた場所と共に述べていきたいと思います。

画像1

 自分がまず1番に訪れたのは聖エリザベス教会 (青い教会)と言うそうです。本当に青くてこの色の教会は初めて見ました。割とトラムを使えば気軽に行けるので私はオススメですね。中も水色とクリームとの二色でとても可愛い色合いでした。ふらっと寄るのは大アリです。トラムに乗ると市街地の雰囲気が分かり楽しかったです。ドイツに5ヶ月いますがここはまた違う雰囲気で面白かったです。

画像2

 聖マルティン教会とホロコーストを忘れぬようにと立てられたものを写真に納めました。この教会の中は写真撮影ができなかったのですが中はケルンの大聖堂のような作りで中のステンドガラスが何とも美しかったです。どうやらマリアテレジアもこの教会で帝冠式をしたようです。ブラチスラバ城のすぐ麓にあります。近くには城壁が残っており歴史を感じることができます。そしてこの手前のモニュメントの周りには様々な説明が書かれておりちょっとした博物館のような感じもしました。スロバキアには色々と歴史を感じるものが多い気がしました。

画像3

 近くのお城の城門の前からの風景。綺麗な赤い屋根があったり市街地はとても趣がありました。どこかチェコに似ている感じもしましたが道が入り組んでいて面白いのはスロバキアならではかも。後ろの大きな通りは交通量が多くて意外でした。新しい建物と古い建物の融合している街なのかと思いました。

画像4

  Slavinという名前らしいです。ここに行くのは階段や回り道が多く大変でしたが一番高い丘らしきところにありここが一番眺めがいいのではと思いました。ここは第二次世界大戦でドイツ軍に犠牲になったソヴィエトの兵士の追悼のためらしいです。少しでも歴史とかスロバキアについて知れたらいいなと思い訪れました。この丘の上にあればとても目立つし歴史を思い出しそうであると思いました。

画像5

 大統領が住むところだそうです。その前の広場は市民が座って話していたり憩いの場になっていました。きちんと警備の兵もいてさすが大統領の住む場所だと思いました。

 他にもフラヴネー広場があります。ブラチスラバ旧市街の中心地でフラブネーとはメインのという意味があるそうで、メイン広場ということだそうです。日本大使館も近くにありおしゃれなお店も近くにたくさんありました。あと国立劇場もあり、「のだめカンタービレ」という作品のロケ地で有名だそうです。ミハエル門も非常に歴史があり昔からある門で唯一残っている歴史のあるものだそうです。

 個人が感じたこととしては ユーロが使えるのでとても楽だな!と。アクセスもよいです。ただドイツ料理と似ているところも多そうだったので食事はしていません。Gymnasiumなどドイツ語と似ているところもありドイツから受けた影響は大きそうです。けど言葉はロシア語のように聞こえました。意外と新しい住宅地とかはありびっくりしました。チェコ語と似ていて全然読めなくて面白い旅でした。 歩きスマホが一切な良のですがガムやタバコの捨て多かったです。ウィーンもそうですがスペインガイドおおい?と感じました。チェコもそうだけどお城は窓がおおい!めちゃ階段多い?丘が多い気がする といったところです。


画像6

 ウィーンからアクセスもよくアジア人をほとんど見かけなかったし物価も気持ち安いと思ったのでウィーンに行った際に行くのがいいなと思いました。久しぶりに新鮮な体験ができてよかったです!

 お時間いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

明治大学法学部2年生です。少しでも自分のことや思いをシェアできたらと思い始めました。現在ドイツ留学中で行動力には自信があります。ケンブリッジ大学への短期留学などの経験をいかし留学や旅、日本についてコメントしていきます。将来についても語りたい。

ありがとうございます!めっちゃ嬉しいです。
5
明治大学法学部2年生です。現在ドイツのパッサウ大学に交換留学中。ドイツで感じたことや留学について、語学についても書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。