東京神父
温泉閣とGUCCI
見出し画像

温泉閣とGUCCI

東京神父

今回撮影させていただいたのは鉄輪温泉にある温泉閣さん。昔は各地から参拝客が訪れていた一遍上人開祖の温泉山永福寺に隣接しており、宿坊として建てられ、その後旅館となって140年も経っている由緒正しき温泉旅館だ。

鉄輪のメインストリートである「いでゆ坂」に面していて、鉄輪温泉の伝統行事でもある「湯あみ祭り」の会場の一つにもなる。撮影中取り壊しの真っ只中だったヤングセンターもこの通りに面していて、温泉閣からは歩いて1〜2分の距離にある。残念ながらヤングセンターはすでに更地になってしまったが。(2021年10月現在。今回特別に解体途中の建物の中で撮影させてもらった)

温泉の撮影前に温泉閣の名物にもなっているプリンを食べてみないか、という話になり、撮影も兼ねてこの日のモデル野口さんに食べてもらうことに。

息子さんはプリンには珈琲が合うからと、店の奥から一押しの珈琲を出してその場で入れてくれた。女将さんは「撮影するならこっちの方がいいでしょ」と可愛い金魚柄の浴衣まで貸してくれた。まるで撮影のために一泊したかのようなおもてなしだ。プリンの話から温泉閣の話まで、とにかくよく喋る親子で、別府の人だなーと嬉しくなった。

プリンを食べた場所はカフェスペースになっていて、温泉閣のマスコットキャラのカナエちゃんのパネルが立てかけてあり、大きなテーブルが置いてある。随分とお洒落なテーブルだな、とよく見てみると模様や色使いがGUCCIみたいだ。「このテーブルお洒落ですねー」と言うと、「知り合いからGUCCIのテーブルと椅子をもらったんですよ」と息子さん。

プリン、萌えキャラ、元宿坊、創業140年、露天風呂、GUCCI。色んなものがアンバランスなはずなのに、バランス良く落ち着いて見えるのがとても不思議だった。皆さんも鉄輪に足を運ぶ機会があれば、是非カフェスペースでプリンを食べてみて欲しい。

2021.10.5 東京神父
御宿温泉閣「STRANGE LAND BEPPU」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東京神父

東京神父 写真家。1978年4月20日生まれ。 別府出身、自由が丘在住。

大好き。
東京神父
別府出身、自由が丘在住。写真家。 https://lit.link/tokyosinpu