♯025 現実的な解決の視点とは? 家族の問題の「レベル」を認識する
見出し画像

♯025 現実的な解決の視点とは? 家族の問題の「レベル」を認識する

弊社が介入した(もしくは相談に乗った)「家族の問題」において、一定の解決をみた家族の共通項を挙げてみます。

①家族の中に、「判断力・決断力・行動力」のある人(キーマン)がいて、家族をまとめることができる(相談をしてきた人がキーマンとなる場合が多い)。
②キーマンとなる人が、自分の家族の問題がどのレベルか、緊急性と難易度を理解できている。

長く問題を解決できていない親に足りないもの

厳しいようですが、長期にわたり問題が解決していない(弊社がアドバイスをしても解決につながらない)ケースでは、両親ともに「判断力・決断力・行動力」が欠けている場合がほとんどです。

この続きをみるには

この続き: 1,955文字

♯025 現実的な解決の視点とは? 家族の問題の「レベル」を認識する

(株)トキワ精神保健事務所

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
トキワ精神保健事務所は、創業者・押川剛が1992年に起業し、1996年より病識のない精神障害者を説得により医療につなげる「精神障害者移送サービス」を創始。社会復帰のサポートも行っています。一覧 →http://www.tokiwahoken.com/tokiwanote.html