見出し画像

♯021 家族(子供やきょうだい)が違法薬物に手を出しているかもしれない!?

「家族(子供やきょうだい)が、違法薬物に手を出しているかもしれない。どうしたらいいか」という相談を受けることがあります。警察に捕まるなどして、所持や使用が明らかにされている場合を除き、家族は「半信半疑」の心境で相談に来られることが多いです。

違法薬物の乱用によって、幻覚や妄想が引き起こされることがありますが、これらは「統合失調症」の症状によく似ています。家族はもちろんのこと、本人に関する情報がないと、精神科医であっても誤診してしまうこともあるほどです。

それでも家族が「もしかしたら薬物を乱用しているかもしれない」と感じるのは、本人の日頃の言動から、思い当たる節があるからです。以下に、その一例を挙げます。

この続きをみるには

この続き: 2,879文字 / 画像1枚

♯021 家族(子供やきょうだい)が違法薬物に手を出しているかもしれない!?

(株)トキワ精神保健事務所

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
トキワ精神保健事務所は、創業者・押川剛が1992年に起業し、1996年より病識のない精神障害者を説得により医療につなげる「精神障害者移送サービス」を創始。社会復帰のサポートも行っています。一覧 →http://www.tokiwahoken.com/tokiwanote.html

この記事が入っているマガジン