見出し画像

【あっという間に過ぎてしまいましたが。】 横田和樹

今回のブログを担当します
寺岡尚輝君からバトンを貰った東海ジャージを愛している男、文学部歴史学科日本史専攻の横田和樹です。
(湘南工科大附属高等学校出身)

小学校1年生から現在まで16年間サッカーをしてきました。他にもスポーツをやっていましたが、中学生になる時サッカーだけに専念しようと思いました。サッカーには魅力があり、人生の多くの時間を費やし、いろんな経験をしました。

大学4年間で全てのカテゴリーを経験し、6名のコーチの指導を受けました。

大学1、2年でアイリーグで出れて満足した自分
大学3年でアイリーグで全国がみえかけて満足した自分
4年になり
トップチームに入りなぜこれまでトップチームに関わりがなかったのにと不思議に思ってた自分
関東リーグに登録されて満足した自分
2年連続でチャンピオンシップに行けると期待していない自分
○○だったらな〜とないものねだりしている自分もいました。

成長する人は
満足や不思議に思わず
自分に自信がある人」だと思う

今は自信がなくても未来には答えがある思います。
4年間と限られた時間の中で答えが早くくるために
いつかできると思わず今日できる
と行動することの大切さを学んだ

もうすぐ引退です。
引退」たった2文字の言葉
いろんな捉え方があると思います。

大学サッカーの引退は
これまでの引退と違う気持ちになってます。 
始まりがあって終わりは決まっていて
あっという間の4年間

これまで学生として、サッカーをするために家族が支えてくれました。

自分はサッカーと勉強だけをして生活してきました。それだけ恵まれた環境にあったと言うことです。

社会人でサッカーをすることがあっても
もう親が支えてくれるということはありません

これからは何をやるにしろ、
自分の力で行っていく、学生との境目の引退だと思ってます。

地元に帰ったら友人達
実家に帰れば家族
グラウンドに行けば
一緒にプレーをしているチームメイト
マネージャー、トレーナー
学校に行けば大学の友人達

多くの人の支えでここまでサッカーをすることができました!

気がついたら後1試合と数えるだけになりました。これまで多くの試合をしてきて、引退試合というものは覚えているものです。
怪我をして出れなかった小学生
怪我をしたまま出場した中学生
最大のミスをした高校生
大学生ではどんな試合になるのか楽しみです

去年の4年生が引退してから
長い1日もあれば短いと感じる1日もあり、もう1年が経ったことと実感してます。

もうすぐでグラウンドに行く日常もなくなり
のんびりと帰り道は遠回りしてみたいと思います。

同級生へ、
いろんなきっかけでサッカーを始めて、このメンバーが集まったのは奇跡だと思ってるよ
入学してからセレクションで1人だけみんなよりも3ヶ月くらい遅いスタートで最初は不安でした。
それでもすぐに仲良くなれたことは嬉しかったなーと思い出すと楽しいことの方が多く、
気づけばあっという間の4年間でした!

よね、たもん、たいし
4人揃って試合に出ることは無かったけど、
3人が同じ大学に来てくれたこと凄く嬉しかったよありがとう!

16年間のサッカー、大学4年間でのサッカー
中学、高校の3年間、小学校での6年間全てがあっという間にすぎてしまいました。

次回は…

1年生からトップチームで試合に出続けている
河野翔太くんです。

誰よりも練習に対する意欲が強く、
練習に参加できない時は、来れる時間に来てボールを蹴るなど俊敏性が高いDFです。
関東リーグを戦い抜いてきたからこその思いとは…

よろしくお願いします!


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
東海大学体育会サッカー部です。普段は秘めている部員の心の中を発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。