見出し画像

ハリウッド黄金期のアカデミー美術賞取った若草物語

テレビをつけっぱなしでギャベ作りに勤しんでいたところ、目の隅に見覚えある絨毯が映った。それって日本人には祇園山鉾の懸装品として知られているアンティークインド絨毯じゃないの?
1949年のハリウッド映画「若草物語」の中で、ふんだんに博物館級の絨毯が使われているのです!舞台は19世紀後半のアメリカの良家。

画像1

画像2

画像6

しかもあきらかにベスやジョーの衣装の色合いを絨毯に合わせてる!

画像3

画像4

画像5


絨毯が敷かれているのは、ボストンのお隣のローリーの家、お金持ちのおばさんの家、ニューヨークの親せきの家です。私には絨毯しか目に入らなくて、この品々いったい何処から調達したんだろって思ったけど、その他の調度品も衣装も素晴らしいものでした。しかも時代考証が完璧(たぶん)
ハリウッド映画ってアメリカ文化なんですね。博物館でみるよりずっと生き生きしている絨毯の美しさに圧倒されました。そういえば「風と共に去りぬ」もこの時代の映画でした。南部の建物の美しさと衣装が印象的だった。暇ができたら黄金時代のハリウッド映画を、筋を追わないで背景だけ見てみよう!

赤穂緞通工房ひぐらしG wrote #日記 #映画 #絨毯

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
5
兵庫県赤穂市にある御崎灯台が丘。明るく静かな瀬戸内の海を見晴らす絶景の丘には、工房や美味しいお店、お洒落なお店が散在しています。それらをつなぐ海色の坂道と懐かしい風景。一日中歩き回りたい小さな丘からのメッセージ。http://todaigaoka.com/