見出し画像

私信2021

noteを書いた。謝辞も書いた。読んでくれ。RTもしてくれ。likeもしてくれ。


ただ、謝辞を本来送るべき人は、もっと別でもいる。
俺はチームを求めていて、チームになれて嬉しいって書いてるくせに、実はチームのメンバーに対する感謝はそんなに書いてない。ダサいよな。

まあここからは私信。FBメッセの流出。
本家のnoteに入れようか、すごく悩んだんだけど、すごくカジュアルで、ふざけて書きたいし、今回のテーマと違うのでこちらで供養することにする。なのでぜひみんなここで上のnoteを一旦読んでほしいし、できればこれよりそれらをシェアもしてほしい。

--------------------------------------

ひかるさんへ

サウナと服という趣味と、キャピタリストの働き方が、俺に一番似ている後輩だとおもったのが第一印象。こうやってチームとして、一緒に働くなんて思いもしなかったですね。


何よりも一緒に仕事してから、自分のポジションを見極め、やりきる力の強さから、最近の成長をひしひしと感じます。でもそれ以上に、チームのために貢献したいというあなたの気持ちの強さをすごく感じますし、1キャピタリストとしてはもちろん、チームの一員として頑張ってもらってること、先輩として、チームの一員として、死ぬほど嬉しいです。


「人の悩みを本気で自分ごと化すると、日々の情報のとり方も行動も変わりますよ」

人のために尽くせるあなただからこそ、本気で自分ごとにしてほしいという意味です。俺たちの悩みはもちろんあるけど、それも投資先が成功してくれれば吹っ飛ぶものだと思ってます。
だから起業したい人のために100%尽くす姿はめちゃくちゃかっこよく見えます。と、同時に、起業家、キャピタリスト個人しかみえてないときもあるVC業界において、mintというチームを考え続けているのがあなたの良さ。
期待の裏返し、負けず嫌いに火を焚べるために、僕はもちろん、チームとして、まだまだ厳しいことを言っていきます。

今後の数社、あなたが投資を決め担当として、一緒に戦える会社は幸せだと思います。キャピタリスト個人の120%の愛を注いでもらえるタイミング。はっきり言って僕から投資うけるよりもオススメしたい。そんな中で、自分がどうしても一緒にやりたいと思う会社を見つけ、彼ら彼女らに認められたらいいなと思ってます。
そういうときは本気で僕らチームとぶつかってくださいね。そして、そんな起業家に100の愛と知見、自分の持てる全てを提供できるように、かつ、その起業家の成長についていけるように、負けないように、常にレベルアップしてくださいね。


いつもありがとう。あなたは人のために尽くせる、いいキャピタリストになるよ。なってくれよ。


いやでも待って、誕生日にlike稼ぎにいくのはずるいだろ。


岡澤さんへ


書く前にめちゃくちゃ思うのが、まじで書くのがむずいんですよね。一番のツーカーなので。

   今回のこの意思決定で、一番迷惑をかけたのは岡澤さんだと思います。
TLM時代から、いろいろと勝手に攻めまくってて、愚痴をいいつつ、全部やってくれる岡澤さんをめちゃくちゃ感謝してます。
俺よりも、投資先に対しての愛、起業家へのリスペクトをもっていて、キャピタリストとして本当にすごいやつだなと思います。

"てるまさんのてるま力。(唯一無二)"

ナイスワード。TLのみなさんにいじられてましたね。
でも、ここ最近でてるま力を支えてきたのは岡澤さんなんですよね。本当にそう。
TLMは俺のファンドであり、俺が出る機会が多かったけど、実はそれを支えてきた岡澤さんのすごさ。


   未だにmintとして、そして組織になることに慣れてないこともあるとは思います。
でも俺は行く、もっと上のステージにいく。ので、岡澤さんも一緒にそのステージにいってほしい。
いままでとは違う環境、どんどん求められるものも変わってくるけど、それに耐え、より成長できる男だと、岡澤さんのことを思ってます。


でも、てるま力があるんだから、岡澤力もあるよね。今までTLMではでてこなかった岡澤さんの魅力、今まで出てこなかったもの、mintでそろそろ出てくると思う!

今更この関係値でなにか書くの、めっちゃ恥ずかしいけど!
ほんとうにありがとう。
君が3年前についてきた男は、今まで思ってたよりもっと漢になると思う。ならなきゃいけないと思う。そのために引き続き暴れるぜ。

ありがとう。今までも、これからも、ずっと感謝してる。


またカクニマル行こうね。好きなだけ飲んでくれ。

でも酒飲みすぎて、俺と喧嘩しないでな。


白川さんへ


 白川さんがトリ、ハードル高いなーw 改めてリリースがでて、共同代表って感じなんですよね。マリッジブルー的なやつは1mmもないっす。ベストな選択だと思っているので。
当たり前なんですが、歳が5つくらい離れた僕と対等に扱ってくれてありがとうございます。
僕だったら5歳下の人ボッコボコにしてそうなので。僕にとって、社会人(いつから?)でいうと、これが人生はじめての組織で働くなんですよね。新しい経験としてすごく楽しみです。


   さっきのnoteで唯一書こうか悩んだこと。Why Apricot、Why 白川(さん)を実は書いてなかったんですよね。
これはやっぱりよく聞かれるし、疑問に思ってる人もいると思うのですが、僕と白川さんはまじで違うんですよね。ストリートスタイルで生きてきた僕からするとまっとうな大人としての白川さんがめちゃくちゃかっこよく見えてます。社会人の基礎が怪しいわたし。もっとすると投資の観点も全然違えば、戦いたい起業家も違う。noteの色味も違う。

(シラフじゃ語れぬ夢は惨め。ストロングゼロ飲まないと書けないnoteって価値あるのかな)

“「mintは、今のメンバーが心地よくやるための組織ではない」という点は、特にこだわっています。なぜなら、冒頭に書いたように「投資先の起業家たちに負けないようなベンチャーキャピタルをつくりたい」からです。”


でもそんな僕と白川さんがめちゃくちゃ共感するのは、一緒になる前に3ヶ月一番僕らがここ愛を持って話せたのはここです。

他のVCの先輩にも負けたくないです(大好きだけど)。し、同時に投資先に負けたくないというのもあります。起業家と投資家は利害関係も働き方も生活も違う、別の生き物だと割り切った上で、チャレンジし続けている起業家を見ていると、まだまだ頑張らなきゃいけないなと思える。mintは響きこそポップだけど、やっぱり強く、かっこよく、起業家の側面も持ちたいという気持ちもあるなと思ってます。


でもこれは同時に、俺は白川さんにも負けたくないなと思ってます。
チームとして仲良くやりたいはもちろんだし、mintと個でいうと、mintを優先したい。別にお互いがギスギスしているわけでもないんですが。(誰とは言わんが、リリース後即、仲悪い説とか、あいつらは合わない説とか流すの、酒のつまみ以外で言うの、マジダサいんでやめてくださいね)


全部書いた上で、これが一緒にやる意義なんでしょうね。個々でやれる中で、一緒にやるということ。もっともっと各々でチャレンジしてお互いを伸ばし、mintをめちゃくちゃ良いファンドにしたいですね。



俺はまじで弱いし、すぐ調子のるし、見栄の人間です。かっこよくありたい。調子乗って、ラッパーみたいにいい服着て、いいスニーカー履いて、あわよくばモテたい。組織に向いてない人間だなとつくづく思いますが、それを踏まえた上で、僕と一緒にmintになってくれて本当にありがとうございます。


最近は忙しくて二人で飲んでないので、リリース祝い、美味しいものでも!


あとこれ、マジ喧嘩して別れたら、これ、黒歴史みたいなnoteになるので、本当に頑張りましょうw


mintになれてよかった。





〜編集後記〜

あー疲れた!note2つ、久しぶりに長い文章を書いた(ちょっと今回も140文字の延長みたいな記事だったなーという反省)
リリースのシェアがそんなに悪口言われなかったので、感情のまま、フリースタイル(意訳:酔って)で書き上げたので、誤字脱字がきっとあるんだろうけど、まー自分のnoteなのでいっかな。


戦略的PRのうんたらがあるうえで、実は前のnoteよりもこのnoteにめちゃくちゃな時間と脳内をつかいました。
毛恥ずかしいところもあって、深夜に公開したし、PRはあんまり期待できない。俺にはそれがお似合い。

こういうの言うイキリ系のnote、めちゃくちゃダサいと思ってるし、薄っぺらいと思うタイプ。陽キャの承認欲求みたいなnoteだなと、客観的に思っています。ワンピースとコムドット好きそう〜ww



でもそれを含めて、僕は今回、「チームを作る」ことをやらせてもらったので。だからこそ、チームへの愛を語らせてもらいました。
毛恥ずかしいから個人note にしたけどね。



てるま節。120%。出し切りました。

mintの成長はこれから。現実と夢、狭間を埋める 自分に言え 必ず出来るあの頃じゃない 一番強いのは今だし、未来だぜ?



ということで、みんな、ご飯と宅飲み、公園飲みの誘い待ってます。
そしてずっと言い続けるけど、mintを、てるまを、木暮圭佑をよろしくです!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!