見出し画像

愛と衣食住の日々

世のお母さんたちというのは、大変な職業である。
主婦・主夫というのは、本当に大変なのだ。


僕はちょっとした賄いレパートリーを持っている…つまり土台はあるので、
「苦戦する」と言ったって、たかが知れている。

しかし、お母さん・主婦・主夫という職業には、職業訓練もガイドライン提示も適正テストによる強み弱み診断も、チームさえないのだ。

急に徴兵された孤軍の死兵が、敵地に送り込まれるのである。

前の食事の食器を片付ける。今回の食事を調理、配膳する。家族の満腹の席に立ち会い、皿洗いになだれ込む。夕食の場合は、直後に風呂の準備が並行する。

おやつを一食と数えると、十連休で計40食の、例えば四人家族なら…のべ160食を提供したわけである。

お母さんたち、お疲れ様でした。
主婦・主夫を担っているみなさん、お疲れ様でした。

僕から、みんなを代表して…

いつも、今回も、ありがとうございました。(^^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたが読んでくださること。あなたが「スキ」やコメントで、僕を力づけてくださること。サポートを届けて、僕らを生かしてくださること!! 本当に感謝します。

ハートをありがとうございます!
19
いつも読んで応援してくださって、本当にありがとうございます。 ただいま親族の看護中。あなたからの「スキ」に力を頂いて、あと4年。。。しんどさをぶちやぶって、少しでも誰かの心をはずませる読み物を書いていきます。

コメント2件

家族看護の記録マガジン、最初から少しずつ読ませていただいています。看護だけでも大変なのに、子どもさんたちのお世話まで、頭が下がります。そして、健康であること、普通の生活ができることのありがたみを感じます。高橋さんご自身も、お身体を大切になさってくださいね。お返事不要です🍀
くまのみさん、ありがとうございます。盆暮れに顔合わせるだけだった親戚の家にいきなり寝泊まりで、一日一日がわけもわからず過ぎていきます(笑)

健康って、そして動ける家族のメンバーがそこそこ揃っていることって、こんなにも大事だったとは〜

温かいお励ましを頂きました。ほんとにほんとに、嬉しさがあふれてきます^^ 自他ともに大切にします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。