見出し画像

地方ならでは、家庭ならでは

生まれ育ったところ。
土地それぞれの食材、食べ方がありますよね。

tiny peace kitchenの厨房ではよく、
「おばあちゃんが、こういうのよく昔作ってくれたな〜」
「地元ではこうやって食べるけど、違うの?」
とか、食材を通じてこんな会話があります。

今日のレシピは、福島出身のメンバー るな にまつわるものです。

るな は、“甘じょっぱい芋料理”をとてもおいしく作ります。
大学芋やいもかんぷら(揚げたじゃがいもに甘味噌をからめるもの)など。

「あ!今日はるなの大学芋だ〜」と、メンバー内にファンがいるほど。笑

ちなみに、酢味噌和えは、宮崎出身のぎーさんからヒントを得たもの。
「うちは、ブロッコリーも酢味噌で食べるんだよね」
「え?それって宮崎の人そうなの?」
「いや、うちだけの話だと思う・・・笑」

地方ならでは、家庭ならではいろんな味がありますね。
食材を通じたそんな会話が楽しいです。


3/25 メニューレシピ

画像1

豚キムチ
材料:豚肉、キムチ、玉ねぎ、人参、もやし、ピーマン
調味料:
しょうゆ、酒、塩、ごま油

①もやしをよく洗い、下茹でする
②玉ねぎ、人参、ピーマンは細めにスライスする
③豚肉を炒めて軽く火が通ったら、キムチと野菜を入れ、酒、しょうゆ、塩で味付けする
④変色しなようにピーマンは最後に入れる
チンゲン菜ときくらげの中華和え
材料:チンゲン菜、きくらげ
調味料:
酢:ごま油:しょうゆ:砂糖:塩=6:3:1:1:0.7

①きくらげを水で戻して、食べやすい大きさにカットする
②チンゲン菜を食べやすい大きさにカットし、さっと火通しする
③調味料と合わせる
#使いまわせるタレ
ごぼうと人参の酢味噌和え
材料:ごぼう、人参
調味液:
(酢味噌)酢:砂糖:味噌:みりん:すりごま=2:2:4:1:1

①ごぼうは厚めの斜め切り、人参は細切りにしてさっと茹でる
②酢味噌をつくり、野菜と合わせる
#冷凍できる
大学芋
材料:さつまいも
調味料:
しょうゆ:はちみつ:みりん:砂糖=1.3:1:2:2、黒ごま

①さつまいもを食べやすい大きさに乱切りにする
(タレ作り)
②調味料を合わせて、半量ずつ、中火で焦がさないように、鍋をゆすったり、ヘラで混ぜる
③次第にとろみと照りが出てくるので、弱火にして、さつまいもに絡まるくらいのとろみになったら火を止める
*あまり煮詰めすぎてしまうと飴のように固くなってしまうので注意
④さつまいもとタレを合わせる

よく食べ、よく寝ましょうね。

それではまた。

あこ

■tiny peace kitchen のTwitter(@tinypeacekitch1)はじめました!
お店の最新情報やスタッフの日常、
レシピなどをつぶやいています。ぜひフォローしてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も素敵な1日になりますように!
91
家庭料理をまいにち食べよう。 永田町で家庭料理カフェ&ケータリングを運営する tiny peace kitchen です。 https://tinypeace.jp/ ▼twitterアカウントはこちら https://twitter.com/tinypeacekitch1