見出し画像

32.なぜ私は11年間解雇されなかったのか

私、ゆうは2019年8月で勤続11年となりました。途中で少し休んだことはありますが、ほとんど継続して働いてきました。

解雇とは、簡単にいえばクビになること。
お店側が判断して、退社を願うこと。
いやな響きです。

私が絶対したくない、経験したくないことですね。

名称未設定2*

解雇される理由とは何でしょうか?

ルールを破ること。
精神のバランスがとれなくなること。

これはもう自分との闘いですね。

この仕事は、鋼のメンタルを持っていないと、つづけるのがむずかしいと思います。

いろんなお客様をお相手しなければいけません。
ときには精神が不安定な方が来られることがあります。
どんなお客様にも自信を持ってできるだけ支えてあげたい……私は常にそういう気持ちでいます。

自分がしっかりしないといけません。

名称未設定2*

解雇理由はいろいろですが、お客様を困らせたりスタッフやお店に迷惑をかけてしまったりという場合が多いと思います。

人は完璧じゃないからこそ、ときどき間違うもんです。
精神のバランスがとれなくなって、冷静な判断ができなくなるのも人間の性。

しかしながら、迷惑をかけてしまってからでは遅いんです。
だから、そうなる前に自分で食い止める力が必要なんです。

その強い意志が、私には昔からありました。

間違いを起こすことが自分のためにならないと、わかっているからです。

名称未設定2*

そして、この仕事にクリアな気持ちでいつも向かいたいからです。

余計なことは、一切考えません。
そういう暇が実際ありません。

新しい未来に挑戦することで頭がいっぱいなんです。
大事なことだけに目を向けて生きていきたい。

そんなことを考えます。

ここが、私を作り上げている基本ですね。
人生はそう長くありません。
大事な人、大事なことをしっかりわかっておきたい。

雑念は、栄養やスパイスにすればいいと思うんです。
遊びの部分を作ってあげる、余裕を持つ。

そんなセンスが自分を強くしていく気がします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253