見出し画像

55.身バレしたら、続けられないお仕事

お店のHPなどのプロフィール欄に顔写真を載せたり、SNSにプライベートの写真を載せたりするーーどうしても身バレの危険が出てきます。

お客様からしてみれば、キャストの顔が見えないと人物像が想像できないので選びにくいかもしれません。お逢いしたときに好みじゃない場合もあるでしょうし、予約するにはたくさんの勇気がいりますよね。

でも、身バレしてしまえばキャストはこのお仕事をつづけられなくなるだけでなく、その後の生活や人間関係に大きな影響が及ぶ可能性もあるのです。

名称未設定2*

身バレして自分の周囲の人たちのあいだで噂になると、友だちをなくすこともありえます。ネットやSNSなどに個人情報が載ってしまえば、プライバシーを侵害されるだけでなく、偏見にさらされたり、脅しに遭ったりすることも……。一度ネットに書き込まれれば、その記録が消えないかもしれないのです。

本業があるキャストもいますが、職場にバレてしまえば居心地が悪くなるかもしれませんし、副業禁止の職場なら退職に追いやられることも考えておかないといけません。

家族にバレた場合、関係に支障をきたす可能性があります。働いた理由を一から説明することを求められると、エネルギーを使うし、精神的ストレスを抱えることにもなります。

名称未設定2*

実はレズっ娘クラブ起ち上げ当初は、多くのキャストが顔出しをしていたんですよね。プロフィールでもブログでも、顔写真を掲載していた時代があるんです。

いま思えば、すごいことですよね。

身バレする怖さなどはなかったのだろうか……と思います。なぜだかみんな、大丈夫だと安心しきっていたようにも思えます。

名称未設定2*

私は予約がまったく入らなくてお仕事を辞めようと思ったことがありますが、そのとき最後の最後に振り絞ろうと、あることを試みました。

それは、「ブログで大胆なことをする!」です。

自分の下着姿をブログ記事に投稿したり、顔も半分、いえ7割ぐらいは出していたんです。

いまとなっては考えられません。あのころの私は、よほど必死だったんだろうと思います(笑)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253