1.オタク

はじめまして。

使い方もあまり分からないまま始めました。

行間広すぎないか?


まず、なぜ文章を投稿しようと思ったかというと、

・自分の思い、考えを発信する場所が欲しい

・文章を練るのが好き

この2つの理由からです。文章を練るのは得意ではありません。知識も何もありませんので。しかし、なぜか好きなのです。

自分が小学生の時に、ブログを書くのが流行っていた時期がありました。飽き性なので投稿間隔はまちまちでしたが、2年ほど続けてたと思います。今思えばただの黒歴史です。ウケる。

しょうもない昔話はさておき、今回の本題に入りたいと思います。

私は世間一般に言う、「オタク」です。このオタクについての話をかこうと思います。

私が一体何のオタクをしているのかというと、

「歌い手」

ご存じですか?

歌い手・・・音源入りのメディアを投稿できるサイトにおいて、既存曲及びオリジナル曲を肉声で「歌ってみた」作品の制作者(ボーカリスト)の総称(ピクシブ大百科引用)

私が応援している人はCDをだしていたり、テレビで取り上げられたり、歌い手界隈において絶大な人気があるような人ではありません。残念ながら。歌が上手で、歌声も素敵なのですが、、、

人気があまりないとはいえ(失礼)、その人たちを支える人たちがいます。それがオタクです。リスナーともいいます。

オタクにはそれぞれ推しがいます。人数に制限はありませんが、1人の場合「単推し」、大人数の場合誰でも大好きの略称として「DD」と呼ばれていたりします。あくまで私の周りの話ですが、DDはあまり好まれるものではありません。1人に愛を注いでいる方が良いといった謎の風潮があります。オタクは面倒くさいです。何人応援しようが自由なのでは!と思いますがオタクは怖いので黙っておきます。

そしてそのオタクは推し事(説明するまでもないですがお仕事と推しをかけています)をします。具体的には推しが投稿した歌を聴いたり、それを自分のフォロワーなどに拡散したり、ツイートに反応(いいね、RT、リプなど)をしたり、配信でコメントしたり、ライブに行ったり、そこで差し入れをしたり、金銭的にサポートしたり、、、様々です。他にもたくさんあると思います。

この推し事、、、、、、かなり楽しいです。私が応援している人は自分のする推し事に対して反応を返してくれることがあります。例えば、推しの投稿を引用リツイートで拡散した際に、「○○拡散ありがとう~」と言ったリプライが返ってくる、リプでやりとりをする、など。推しから反応があると「生きてて良かった~~~~~~~~ッ!!!(T_T)」と思います。反応が返ってくることで「また拡散しよう」と思えるわけですね。これでリピーターの完成です。これが一般的な歌手などと大きく違う点でしょう。もちろん全歌い手に適応されることではありません。人気があろうとなかろうと、反応を返さない方もいらっしゃいます。

話がそれましたが、何が言いたいのかというと、私が属するオタクは世間のオタクと少しずれているということです。今までアイドルやキャラクターなどあらゆるオタクを経験してきた私ですが、この歌い手界隈、沼が深いです。闇もかなり深いです。正直、知らない方が良かったことが山ほどあります。いろいろな面で感覚が完全に麻痺しています。この界隈に来て6年目になりますが、オタクを卒業する目処が立ちません。ワロタ。

詳しくはまた別に書こうと思っています。書きたいことが多すぎるので。

オタクは楽しいです。やっていて幸せだと思えることがたくさんあります。全国のオタクのみなさん!自分が楽しいと思える範囲で推し事を楽しんでいきましょう!オタクではないみなさん!近くにいるオタクが「推し尊いよォ~~~~~ハァ~~~~~~~~可愛い~~~~無理ィ~~~!!!」と発狂していても温かい目で見守ってください。愛です。あまりにもうるさい場合は通報しましょう。有害です。


底辺歌い手界隈のオタクを代表するかのような文章を書きましたが、現実は楽しいことだけではありません。辛く苦しいことの方が多いのではないかと思うこともあります。どちらかというと普段は吐けないオタクの暗い面を書きたいと思っています。

自己満足で、飽きるまで書きます。ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。次の投稿があれば、またお会いしましょう。







この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
はじめまして、イッヌと申します。 底辺歌い手様のオタクをさせていただいてます。 自己肯定感ゴミです。 自己満で綴ります。飽きるまで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。