大失敗だらけの家族旅行
見出し画像

大失敗だらけの家族旅行

こんにちは


中原よしおです


旅行はいつの時代もすたれない


人々が求める行動のひとつであります


政府の政策でも、旅行を推奨する方針がうち
だされ


人々も旅をする事を心から楽しんでいます


せっかく旅行をするのですから、大失敗は避
けたいところですね。そして


旅行の経験は子供の心に深く刻まれる


五感を通じた、すさまじい体験のひとつです


失敗を避けるためにも、大失敗を経験した体
験者から学んでおくことで


事前に、こころの準備ができます


今回は、わたしが子供のころに経験した、大
失敗だらけの家族旅行をシェアさせて頂き


気づきなど、なにかの役に立てて頂けば嬉し
く思います。。


私が、初めての家族旅行を経験したのは、小
学校の4年生の時です


お泊りで遊びにいく、旅行をする。前の日か
らワクワクが止まりません


当日はあっという間に訪れ


車で旅館に着いたのは昼過ぎです


ここで、ある事件が起きました。旅館に到着
するなり、父親がいなくなったのです


後できいた話では、パチンコに行っていたそ
うですが..


それが原因で発狂したのか、母親は寝込んで
しまいます


残された、私と私の姉...


顔がひきつりながらも、何とか楽しもうと旅
館探検をしたのですが


心の底では楽しくありません。当然です


楽しみにしていた初めての旅行。そこで、み
じめな経験を


姉と共有しなければならなかったから当然で


その後の、夜の、食事や、あくる日に何をし
たかは


まったく覚えておらず


残った記憶は、楽しくなかった。。


それだけです。


この不幸話をして、私をかわいそうだと思っ
てほしい。そういう


気持ちで伝えたのではありません


家族旅行の大失敗を避けてほしいからです


ここから学べる事は


行きたくない人を誘わない。という事です


おそらく、父親は旅行に行きたくなかったの
でしょう


義務感を母に押し付けられ、シブシブ行動し
たのは明らかですね


やりたくない事をさせられたと、不満が生じ
るだけです


いくら家族でも、必ず一緒に行動する必要は
ありません


事実、それから、父親抜きのお出かけになり、
それは、それなりに楽しかったですから


家族全員で行動しなければいけない。という
価値観は手放す必要があります


理想的な家庭では、そのような事を考える必
要はありませんが


世の中には色々なヒトがいます


楽しみたい人だけで、旅行に行く事。それが


大失敗を避ける、ゆいいつの方法です


旅行を計画している方に、少しでも役に立て
ればと思っております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛と調和、世界平和を実現するための仕事をしています