桒野 哲司 (てっちゃん)

テニスの世界ではプロになれなかったけど、製造業の世界でプロになるべく精進しています。 仕事で大切にしていることは「正直・公正であること、プロであること、興味を持つこと」

桒野 哲司 (てっちゃん)

テニスの世界ではプロになれなかったけど、製造業の世界でプロになるべく精進しています。 仕事で大切にしていることは「正直・公正であること、プロであること、興味を持つこと」

    最近の記事

    グローバルに拡大していく組織においてカルチャーとどう向き合うか/キャディ創業5周年note

    キャディ株式会社の桒野(くわの)と言います。 創立5周年記念noteの9日目を拝命しました。 なお、これまでの創立5周年記念noteは以下にまとめられています。 このnoteでは事業のことではなく、キャディの"カルチャー"について、書き下ろしてみます。最初に定義をすると、カルチャーとは「組織が持っている価値観や、それらを体現した行動や思考方法」です。組織のよいと思う考え方や、実際の行動の積み重ね=カルチャーという訳です。 「カルチャーを作っていく」ことは当然難しく、自分

      • 君、熱い人であれ。36歳てっちゃん  テニスから製造業への挑戦

        てっちゃんこと桒野哲司(くわのてつじ)です。 2021/7/1に新卒から12年間勤めた株式会社ブリヂストンを退職し、キャディ株式会社(以下CADDi)へ転職しました。入社前からCADDiの仕事に取り組み始めていますが、これからこの会社に入って「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」という途方もない大きな山を越えていく挑戦が始まるのかと思うと、魂が震える、という心境です。 この記事では、36歳の大手製造業に所属するてっちゃんが、どういう思いで転職に至ったのかを書き出し、こ