見出し画像

暗黒メモ「くんくん……こ、これは、ミソジニーの匂い!!」

 近頃SNSで一気に拡大している「社会学バッシング」の気運――これについて、きわめて画期的な分析が登場し、大きな話題となっている。

この続きをみるには

この続き: 3,673文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。毎月2回ほど配信される単品有料記事もすべてアーカイブされます。さらに月ごとに特典をたくさんご用意しております。

月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11月は饅頭先生にPS5をプレゼントできるチャンス!
373
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。

こちらでもピックアップされています

白饅頭日誌(月額課金マガジン)
白饅頭日誌(月額課金マガジン)
  • ¥1,000 / 月

月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。月ごとの購読者限定特典記事、楽曲(ダウンロード可)、Vtuber動画、イベントの先行告知などがアップされるお得なオールインワンパッケージです。

コメント (40)
その辺に関する気持ちが正直に出てしまったものが「正義フォビア」なるお言葉ですね。「なぜ多くのものが正義に反対するのか?それは正義恐怖症なる病気だからだ」という観点に陥ってしまう様は実に興味深い。

https://twitter.com/Tsurigane_mushi/status/1305010998839967745

また自由法曹団(共産党系)の神原元弁護士が2019年8月4日に「表現の不自由展」に関してこうおっしゃってます。

>リベラルに告ぐ。この件で「表現の自由」を訴えてはならない。
>「表現の自由」を言うなら右翼の抗議も「表現の自由」の名で容認されなければならないからだ(脅迫のような犯罪は除く)。
>我々が掲げるべき旗は「真実と正義」である。
https://twitter.com/kambara7/status/1158000746706530305?s=20

イデオロギー的には「自由」よりもコントロールしやすい「真実と正義」を信奉してくれた方がありがたいのでしょうね。しかし「自由を求めないリベラル」とは面白い話です。正義惑星同盟なら銀河帝国に勝てたって事でしょうか。
>くるしまさん
その話は、「表現の自由」と言えども名誉毀損などが許されないように絶対無制約ではないということを前提に、表現の不自由展におけるヘイト的な展示も表現の自由では守られないというべきだという言い分で、そんなに変な話ではありません。
左翼のヘイトを許すと右翼のヘイトも許さなくなるので、どっちのヘイトも駄目だと決めた方が良いという判断が働いているのでしょう。二枚舌ではないという点では、むしろまともな見解です。

「ヘイトスピーチを規制されない自由」を表現の自由が保障しているかという問いについては、保障していないと考える立場が強いですしね。何をもってヘイトとするかという問題が次に来ますけど、それはさておいて。
傷ついた警官を前面に押し出して、抗議を封殺しようとするのは、女性の被害者性を前面に押し出して抗議を封殺しようとするフェミニストと何が違うのでしょうか。
現実、男性は加害性や犯罪性と関連付けられがちです。あえて関連付けようとする人もいます。本来ならば、被害者だろうと加害者だろうと等しく抗議する権利があるはずです。
だから、どの様な場面でも、犯罪者だから抗議は認めない、という態度は止めるべきです。それは、男性の首を絞めることになるからです。
社会学には論文査読が無いっていう話で
このあたりの惨状は出てきたと思いますが
確か「社会学では偉い人が正しい」という世界だったのでは?

そして偉くなるには社会学業界において
正しいことを
山ほど主張して業界に貢献する必要があり
これが繰り返されると…

まさにエコーチェンバーやん
ツイッターの先輩ですな
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。