見出し画像

外食産業の5月危機と「家賃支払いモラトリアム法」会見動画を10分にまとめました。

このままだと、飲食店の25%、下手をすると半分近く廃業する可能性があります。
あなたの思い出のお店、お気に入りのお店も5月にはなくなるかもしれません。
4月21日に、タリーズコーヒージャパン創業者、元参議院議員の松田公太氏を始めとする、外食産業の経営者100名以上があつまる「外食産業の声」による記者発表会がありました。

画像1

外食産業の現状と家賃支払いモラトリアム法策定の提言「まとめ」

重要なのは下記4点
1. 25%下手をすると50%の飲食店が廃業。4月でもギリギリ。5月は乗り切れない
2. テイクアウトでは生き延びられない
3. 政府のテナント支援策はむしろ「弊害」
4. 家賃支払いモラトリアム法の提言(政府系金融機関による、暫定的な家賃支払いの肩代わり⇒1年後から返済)
現状に対する危機感がひしひしと伝わってくる内容です。
みなさんに共有したく、1時間半あった記者会見の重要部分を10分少々にまとめました。


素早い立法が求められますが、とにかく声をあげて政治家動かさないと変わりません!
本編の会見の動画も是非ご覧ください!
----
▽実際の会見動画はこちら
全国約100名の外食産業経営者が遠隔登壇 実情を訴え「家賃支払いモラトリアム法」策定を求める記者発表会【2020年4月21日11:00~】
https://youtu.be/ePqPb_R0H-M?t=1026
▽家賃支払いモラトリアム法案のアップデートについて
https://blogos.com/article/452695/?p=1
(参考:松田公太氏Blog)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
飲食・サービス・物販など、店舗運営をしている方や、店舗を扱う不動産会社さんにお役立ちできる情報をまとめて発信していきます! 普段は店舗の物件を探している方と、店舗物件を扱っている不動産会社の方のマッチングのサービスを運営してますhttp://tenanta.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。