見出し画像

わかりやすく魅力的な文章の書き方

準備編

すぐに書き始めない。まずは以下を整理しよう。

誰のために書くのか
どんな悩みをもった人なのか。 何を求めている人なのか。

何を書くのか
文章のテーマを一言で表すと何か。

なぜ書くのか
文章を書くことで、どんな変化が起きてほしいのか。

どう役に立つのか
読んだ人の人生はどう変わるのか。行動は変わるのか。

実践編

書くときに意識しよう。

目次から作ろう
すぐ本文を書き始めない。
まずは、書くことを整理しよう。 書くべきこと、書かなくていいことが整理されて読みやすくなる。 

魅力的なタイトルをつけよう
思わず読みたくなるようなタイトル。
目次を作るとコンセプトも整理されるので、やりながら考えよう。

簡単に自己紹介しよう
記事は誰が書いているか、で伝わり方が変わる。短いものでいいので、誰が書いているか、わかるようにしよう。 note だとプロフィールに記載でもいい。

パターンを意識しよう
伝えたいことによって書き方を変えよう。

体験系の場合
自己紹介が大事。失敗も隠さず明かそう。起承転結で書こう。

ノウハウ系の場合
物語よりも結論を優先。わかりやすさを意識しよう。 

文章の役割を意識しよう
たとえば、「結論・根拠・事例・持論」など。
同じ役割ばかりの文章になっていると、冗長で読みづらい文章になりやすい。

コンテンツの順番を統一しよう
たとえば、「タイトル、画像、説明、コメント」のようにコンテンツの順番を決める。 流れができて読みやすくなる。

リズムを意識しよう
以下を意識すると文章にリズムが生まれ、読みやすくなる。 書いたらざっと読み直して、心地よいリズムがあるかチェックしよう。

リズムを生むもの
・短い小見出し
・短いパラグラフ
・適度な改行
・段落の行数を揃える or バラす
・箇条書き
・セリフ
・語尾
・ひらがなと漢字の比率

なるべく短くしよう
説明は短く、学びは多く。 できる限り反比例するように。 

書いたら放置しよう
冷静に見返そう。書いた後は興奮しがち。 客観的な判断ができるだけの時間をあけよう。自分をよく見せたい欲求は捨てよう。

ポジティブにいこう
どんな文章でも前向きに。 そして、謙虚さを忘れずに。誰かを否定するようなことはやめよう。 

おわり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけた場合、書籍や note に使いたいと思います! ただ、note はあたまの整理とノウハウ共有が目的なので、もし参考になったよ、という場合は投げ銭ではなく SNS 等でシェア or スキ いただけると嬉しいです〜

励みになります!
13
0 → 1 を繰り返して、気付けば、売れないバンドマンからデザイナーになっていました。Zaim でデザイン × データ × マーケティングやってます。いいものを作ってちゃんと届けたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。