見出し画像

【シャニマス】円香がシャニPに送ったプレゼントとは—【新カード『Merry』考察】

TELL(てる)

【ネタバレ注意!】※このページには『【Merry】樋口円香』のネタバレを含む内容が書かれています。

※追記:コミュタイトルが【MERRY】となっていましたが、正しくは【Merry】です。訂正してお詫び申し上げます。

まえがき


皆さん、こんにちは。12月に入って寒いですね……

本日(12/9)に実装された、樋口円香(以下、円香)の新PSSRカード【Merry】引きましたか!?

私は……

に……220連……だと?

はい、ほぼほぼ爆死です。

「(円香は最推しキャラなのですぐ引けるでしょ)」なんて余裕は吹っ飛びました。

ですが、10連で引いても天井しても鑑賞するコミュの内容が変わるわけではなく……

今回も神ストーリーでした!!!

円香のPSSRは毎回、樋口円香だけではなくプロデューサー(以下、シャ二P)の内面にも丁寧に踏み込んで描かれるからこその深い味わいを感じられますね…….

問題提起「円香は何をシャニPに渡したのか?」


さて、そんな神ストーリーでしたが、TRUE ENDの『GIFT』内でこのような会話がありましたね。

【Merry】樋口円香 TRUE END 『GIFT』

円香がシャニPに渡したプレゼントとは、果たして何だったか?

今回、このプレゼントの正体に見当がついたので、私の考察として皆さんに共有したく思い、筆を執りました。

結論「"プレゼント"の正体」


いきなり、私の考えた”プレゼント”の正体を答えます。それは……

樋口円香 WING編 『夜に待つ』

”アイドルとしての樋口円香”です。

あの日、幼馴染のために事務所を牽制しに向かい、シャニPからのスカウトを受けてアイドルとなった樋口円香その人こそが、シャニPへのプレゼントです。

根拠「何故、”それ”が”プレゼント”という結論なのか」

何故、「円香が、シャニPに”アイドルとしての樋口円香”を”プレゼント”した」という結論に至ったのか。

その根拠が……

【Merry】樋口円香『WEEKDAY』

円香がクリスマスプレゼントで欲しいのが”プロデューサーじゃない時のあなた(シャニP)”だからです。

TRUE END『GIFT』ではシャニPも”プロデューサーじゃない時のシャニP”として円香と語り合います。

【Merry】樋口円香 TRUE END 『GIFT』

そしてこの時、彼は暗に「円香をスカウトしたのは、仕事(プロデューサー)としてだけじゃない」とも告白しています。

このような会話を繰り広げている間、円香は自身が一番欲しがったもの(プロデューサーじゃない時のあなた)をプレゼントとして受け取っているのです。

では、この時の円香はアイドルとしての樋口円香なのでしょうか?

答えはNO
であり、この場にはアイドルじゃない樋口円香とプロデューサーじゃないシャニPしかいません。

なぜそう言い切れるのか?

なぜなら、2人はこの様なことも話していました。

【Merry】樋口円香 TRUE END 『GIFT』

『WEEKDAY』冒頭でのシャニPのセリフを借りるなら、これこそが円香の”ずいぶん婉曲な言い方”という事になります。
これを分かりやすくすると、『ひどい人に騙されたふりをしてあげた』とは

『”プロデューサーじゃないシャニP”が円香にアイドルになって欲しかったから、なってあげただけ』

と言い換えられます。

この”ひどい人”あるいは”プロデューサーじゃないシャニP”こそがあの夜、去る樋口円香を呼び止めてスカウトしたシャニPなのです。

樋口円香 WING編 『夜に待つ』

そして、円香的に言うなら『騙されたふりをした樋口円香』こそが”アイドルとしての樋口円香”であり、『シャニPに騙されたふりをするときに見せる一面』となります。

それは言い換えれば、円香が『シャニPの為に作った樋口円香の一面』と捉えることもできるのです。

これこそが、円香の送ったプレゼント=”アイドルとしての樋口円香”となる根拠です。

発展「円香がこの”プレゼント”を送ると言った意味とは?」


ここまでの流れを軽くおさえて、もう一度最後のシーンを見てみましょう。

【Merry】樋口円香 TRUE END 『GIFT』

先程、円香のシャニPへのプレゼントこそ”アイドルとしての樋口円香”(シャニPの為に作った樋口円香の一面)と結論を出しましたが、その結論を元に改めて見直すと、「今度適当に探してください」というセリフの意味も変わります。

このセリフは、現在、シャニPだけでは無く、あの夜、樋口円香を見つけてスカウトしたシャニPにも向けられたセリフなのです。


【Merry】樋口円香 TRUE END 『GIFT』

現在のシャニPと円香をスカウトしようとした過去のシャニPは両方とも”プロデューサーではないシャニP”です。

円香と出会えなかった世界線でも「円香を探しに行く」という過去のシャニPに対して、円香は「今度適当に探してください」と言うのです。

それは円香が、

『たとえ出会えてなくて 一緒にいない世界でも』プロデューサーではないシャニP”に”アイドルの樋口円香”をプレゼントする

という事でもあります。

或いは、『たとえ出会えてなくて 一緒にいない世界でも あなたと出会いたい』という円香なりの”ずいぶん婉曲な言い方”だったのかもしれません。

感想

このページを書いてる私自身が、自分の書きあげた文章に驚いてます。

いや……最後がまさか『虹の行方』に繋がるなんて思わなかったです……

正直、今回のコミュで取り上げたい部分が100や200では足りないのですが、ひとまずは”円香が送ったプレゼントの正体”というテーマで一区切りつけたいと思います。

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

感想や批評も募集しているのでどうぞ!!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!