スクリーンショット_2020-01-05_2

dotfiles on GitHub Actions

皆様自分のdotfilesを持っているでしょうか。自分は持っています。

主に自宅の開発環境と会社の開発環境を共有する目的で作っていますが、転職やPCを入れ替えた等のときにエラーが出ていながらもそのままにしていました。そんな中少し前に @itchyny さんの記事を見ました。

GitHub Actionsでは環境としてMacOSも利用できるので、それを元に開発環境を構築するスクリプトをGitHub Actionsで回すという記事です。

正月休みにやるにはちょうど良さそうな分量だなと思いやってみることにしました。それがこのPRです。

やってみた感想としては普段は気づくことが出来ない点が発見出来てとても良いです。

自分はHomebrewでinstallしたpackageは Homebrew-bundleで管理しているのですが、依存関係によって実はまっさらな環境ではinstallできないことが判明したり、過去に存在していたpackageが実は利用できない状態になっていることが判明したりしました。

ただ、出来ないこともあるのかVSCodeのextensionsをCLIからinstallしたところ、Timeoutしてしまいました。これは自分の書き方が悪いのかもしれない。

というわけで自分のdotfilesをGitHub Actionsで動かすのおすすめです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Software Engineer. https://teitei-tk.com

3
Software Engineer
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。