【ガーランド】:気分をよくする
見出し画像

【ガーランド】:気分をよくする

 今日、ひとつ気がついたことがある。
 自分の体のこと、希望の持てること。

 今朝も、体は動かなかった。体を引きずって職場に向かったのはいつも通り。早退することも考えていて、実際にそうした。

 確かに体は動かなかったけれど、気分は悪くなかった。
 原因はなんだろうと探る。そうだ、昨日、夕方に起きた時に、家の中にあった湿布を自分の足の至る所に貼り付けたのだった。

 ストレッチもうまくできないほど、足の張りがひどかった。それでもだましだまし過ごしてきた。いつも体を引きずるせいだろうと考えていた。

 違うかもしれない。

 もちろん、病気の硬直のせいは、あるかもしれないけれど、立ち仕事だし、相応の疲労は蓄積されているのじゃないのか。

 体はうまく動かないけれど、それでも思考はクリアだ。考えることができるのなら、少しくらい体が動かなくたってへっちゃらだ。

 早退した帰り道、ドラッグストアに寄る。なんだか効用の高そうな、ちょっとだけ高価な大判の湿布を購入する。
 これで、気分が持ち直すならすこぶる安いんじゃない? それで異様な張りがほぐれたらマッサージに出かけてみるのもいいんじゃない?

 抱える障害のせいで、ごく単純なことを見落としていたのかもしれない。こういう気づきは、とても嬉しい。神様に感謝の祈りを捧げる。
 わたし、考えがクリアなら、きっとデザインの仕事もできるよ。

 昨日の夜、こんなツイートをした。

 この時は、もういくらか思考がクリアになっていたのじゃない?
 それなら、とっても嬉しいんだ。

 もちろん、正しい選択なのかは分からない。でも、体をほぐすことは悪いことではないし、むしろ積極的なケアが必要だったはずだ。
 湯船に浸かることもしてみよう。お風呂に入ることさえ億劫な日は結構あるから、それはもしかしたら回復を遅らせていたのかもしれない。

 気づきがあって、気分がいいよ。インクの子どもたちが喜んでいるのも分かる。ああ、嬉しいんだ。

 ザジは、湿布の匂いを嫌って、わたしを遠巻きにしている。近寄れば足を尻尾で叩かれたりもした。
 わたしはザジの顔を両手で挟み、訴える。
「ザジ、ごめんね。わたし、よくなりたいんだ」
 ザジはわたしの鼻の頭を舐める。でも、すぐにいやいやをして、向こうに行ってしまう。
 通じたかな?
 しばらくの間、ザジと距離を置かれることになるかもしれないな。寂しいけれど、でもこの試みは成功させたい。成功の暁には、ちゅ〜る一年分とか必要かも。

 しばらくメントール臭、撒き散らすけれど、もうそんなこと構ってられない。なりふり構わず、わたしは気分をよくすることに懸命になる。

***

<セットリスト>

きのこ帝国  『猫とアレルギー』


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキュー。夜のインクが楽しい夢を綴りますように。
私の世界はどこまでも平ら、レイヤーの目を入れたり消したりして、時々君の前に現れよう。物語を書きます。刺繍をします。インクの子どもたちの声を聞きながら。ホームページ http://www.roverdover.com / ヘッダー画:茅野カヤ