新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

JOCV対象「因島フィールドワーク合宿」参加者募集

\瀬戸内の島でひと夏のワーク&バケーション/

世界のサイクリングロードとして一躍有名になった
「瀬戸内しまなみ海道」。
この島々では、今や世界中から人々が集まっています。また、基幹産業である造船業では、高度な技術を学ぼうとする意識の高い外国人実習生を、ベトナムやフィリピン、インドネシアなどの国から多く受け入れています。尾道市だけでも1200人以上の実習生が暮らし働いていて、 欧米などから訪れるサイクリストとともに、国際色豊かな町になりつつあります。

一方で過疎化が進む地域の問題として、
・若者人口の減少 
・地域コミュニティの崩壊 
・耕作放棄地問題 
・農家や商店の後継者問題
など、多くの課題を抱えています。

そんな因島で、地域課題について考えたり、地域の人たちと交流したり、ぼーっと瀬戸内を眺めたり。滞在中のプログラムは参加者とサポーターとで一緒に作り上げていきます。みなさまのご参加お待ちしています。

【期 間】 2020年8月8日(土)~8月16日(日)

【対 象】 JICA海外協力隊員で地域の活動に関心のある方
     「青少年活動」「環境教育」「幼児教育」
     「コミュニティ開発」職種の方歓迎!
    他にも、農林・水産、商業・観光、人的資源分野の職種の方など、
    地域で生かせるスキルを待ってます♪
※一時退避、訓練済み派遣待ち、訓練待ちすべての隊員の方に応募いただけるようになりました。7月31日まで隊員の方は、8月の参加時点で解除になっていても応募いただけます。

【募集人数】 5名前後

【費 用】基本宿泊費と食費は受け入れ団体で負担します。
    (交通費等、それ以外の経費は各自でご負担願います)

【お願い】
・SNS等で活動内容を発信するため、合宿中に写真や動画を撮影しますのでご協力お願いします。
・合宿終了後、活動レポートにご協力をお願いします。

【今後の予定】
 7月31日 応募締切り
 8月1日 参加可否についてメールにてお知らせします。
 8月1日~8月7日 合宿準備
 8月8日~8月16日 合宿
 8月31日  レポート締切

【注意事項】
 新型コロナウィルス感染状況によっては、合宿が延期になる可能性があります。何卒ご了承ください。

【申込み】こちらからどうぞ 【締切:7月31日(金)】
 https://forms.gle/rpx8iD1SiPSKu3uQ9

【問合せ】
 株式会社 プラス 酒井 sakai@plusinc.jp
 ECFA サステナビリティ推進チーム 河野 kono@ecfa.or.jp

【参考】
 6月から因島で活動中の隊員ブログ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。