見出し画像

ぶらり街歩き~ミャンマー・ヤンゴン~

あけましておめでとうございます!
ミャンマー拠点の西野由花です。

ミャンマーに来て10カ月、この前街中でマレーシアから一人で観光に来た。という方に街案内のお手伝いをしてきました。

いまだに原因不明の腹痛を起こしたりもしていますが、そろそろミャンマーにも慣れてきた。と言えるかなと思っています!

そんな私ですが、ミャンマーでの移動手段は専らタクシーです。

理由としては、暑い、日に焼ける、野良犬が怖い、Grab(日本にも進出しましたね!)が便利すぎる…などなどいろいろあります。

が、せっかく治安の良いミャンマーに長く滞在しているのだから、ゆっくりとヤンゴンの街中を歩いて、ミャンマーの人々と時間を共有したいと思い、今回はミャンマーの街歩きをしてきました!

まずスタートはこちらのヤンゴン市内です。

実は会社と社宅の近くの街中なのですが、アパートのような、集合住宅のようなものが多くあります。

画像1

建物と建物の隙間は一応路地として市民の方に活用されていますが、ちょっと夜中に一人で行くのは有期が必要な雰囲気ですね…

今回は明るいのと、ハトがたくさんいるので楽しく歩けました。

画像2


こちらはところ変わってヤンゴンのダウンタウン。

街の中心地にあるスーレーパゴダが光り輝いています。

ヤンゴンの街中には大小さまざまなパゴダが点在しているので、パゴダ巡りなんかもできそうですね。

画像3


ダウンタウン周辺は特にイギリス統治時代のなごりを残す建物が多く、異国情緒が漂っています。

画像4

外壁に味があるのは雨季のカビのせいでしょうか?日当たりのせいでしょうか?
年季が入っていますが、こちらは現役の郵便局となっています!

画像5

ダウンタウンも一歩裏に入るとこんな風に街の人々の生活を感じられます。

テレビのアンテナが多く、ミャンマーの人々の生活の変遷を想像するのも楽しいですね。

画像6

最後は以前も紹介したボージョーアウンサンマーケットにも久しぶりに行きました。

観光客向けの少し高い商品が多いですが、その分バリエーションが豊富で、英語を話せる店員さんも多いので会話を楽しみながら買い物ができます。

画像7


マーケットから街に出る橋の上にもお店がぎっしりとあります!

画像8


いかがでしたでしょうか?

マーケットでは生の魚が売られていたり、街中ではレストランの香辛料のにおいがしたり、

どこからともなく仏教のお祈りの歌が流れてきたり…写真では伝えられない面白さも街を歩くとたくさん見つかります。

のんびり歩き回りながら東南アジアの空気や歴史を感じたいなと思ったら、ぜひ、ミャンマーの街を歩きに来てください!

関連記事 【ミャンマー】西野由花の深い洞察10選

新卒から海外で働くなら -東京コンサルティングファームー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

インド、フィリピン、マレーシア、トルコ、インドネシア、ベトナム、バミャンマーで働く11名の喜怒哀楽の物語。 【新卒海外研修】(連載中) http://www.kuno-cpa.co.jp/recruit/shinsotsu-kaigai/

サオール!
33
世界27カ国44拠点の経営コンサルティングファーム(東京コンサルティングファーム)にて、入社1年目で海外で働くストーリーを連載。 新卒から海外で働くなら東京コンサルティングファーム ⇒ www.kuno-cpa.co.jp/recruit/shinsotsu-kaigai

こちらでもピックアップされています

新卒海外体験談
新卒海外体験談
  • 301本

新卒1年目で海外で働いた喜怒哀楽の物語。 【新卒海外研修】(東京コンサルティングファーム) http://www.kuno-cpa.co.jp/recruit/shinsotsu-kaigai

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。