新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【札幌マラソンフェスティバル(東京2020テストイベント)①現状は三者三様の東京五輪女子マラソン代表】

一山が日本歴代6位で地力アップを確認
故障明けの鈴木は新トレーニングに手応え

 札幌マラソンフェスティバルが5月5日、東京五輪マラソンコースを使いハーフマラソン(21.0975km)の距離で行われた。女子は前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(JP日本郵政グループ)、一山麻緒(ワコール)と、東京五輪マラソン代表3人全員が出場。終盤まで一山、鈴木、代表候補(補欠選手)の松田瑞生(ダイハツ)が18kmまで接戦を展開し、一山が1時間08分28秒の日本歴代6位の好記録で優勝。4秒差の2位に松田、25秒差の3位に鈴木が続いた。不調覚悟で出場した前田は、1時間10分50秒の5位だった。
 それぞれが現在、どんな状況に置かれているかが、明確に現れたレースになった。各選手が3カ月後へどうもっていくか。

画像1

●自己新にも勝負にもこだわった一山

 この大会で一番、結果にこだわったのが一山麻緒だった。17kmからの北海道大学のキャンパスに入って、勝負どころだと強く意識して走っていたという。
「自己新を出したい、勝負にもこだわりたい。中盤からはずっと粘って後ろにつかせてもらっていましたが、最後は着順にこだわってゴールに向かいました」
 19km手前で鈴木を振り落として松田瑞生とのマッチレースに持ち込むと、松田も19km過ぎに引き離した。
 前日会見でも松田も含めた代表4人のうち、唯一記録的な目標を「自己新」と口にしていた。勝負への意気込みが明らかに強かった。1時間08分28秒の優勝タイムは日本歴代6位で、自己記録の1時間08分49秒(19年7月)を21秒更新した。
 だが一山は、完全にピークを合わせてきたわけではない。「あまり調子が上がりきっていなかったのですが、その状態でどこまで走れるかを知ることができました。自己新を出せてとてもうれしかったです」
 絶好調ではないなかでも、スタート地点には絶対に勝つつもりで立った。それが今大会の一山だった。
 東京五輪の延期も含め、昨シーズンはコロナ禍の影響で試合のスケジュールが大きく狂った。一山は5000mと10000mで自己記録を更新するなど、スピードの再強化に成功している。その流れで今年1月の大阪国際女子マラソンは、日本記録更新を狙って出場した。
 だが12月末に扁桃腺炎になり5日間練習ができなかった。永山忠幸監督によれば、重要なポイント練習が2回できなかったという。その練習の流れでも日本新ペースでレースを進め、目的は達成できなかったが2時間21分11秒と、セカンド記録の日本最高で優勝した。そして今回も、状態が万全とは言えないなかでハーフマラソンの自己新記録。底力が上がっていることを証明して見せた。
 MGC優勝の前田が昨秋から調子が上がらない期間が続いている。MGC2位の鈴木は、2月の故障から今大会で復帰を果たしたばかり。三者三様の調整で東京五輪本番に合わせていくが、現時点では一山が最も順調に歩を進めている。

●札幌で再び、新たな姿を見せた鈴木

 2月の故障を機にトレーニング方法を変更した鈴木亜由子が、1時間08分53秒(3位)で走った。走る距離を大きく増やし、スピード練習は以前ほどやっていない。それでも試合になればここまで走ることができる。鈴木の能力の高さを改めて示し、東京五輪本番への展望が一気に開けたレースとなった。
 鈴木は19km手前で一山と松田に引き離されたが、「(北海道大学内で続く)苦しいところで、曲がり角を使って気持ちを切り換えられる。自分も最後まで、という気持ちで走れたことはよかったです」と収穫を話した。前半の「アップダウンはリズムを作ることが重要」ということも実感できた。
 そこまで五輪本番をイメージできたのも、新しく取り組み始めたトレーニングで戦う目処が立ったからだろう。19年夏のMGCで2位に入って代表入りを決めたが、優勝した前田穂南に3分47秒という大差で敗れてからは、どうすれば高いレベルの距離走ができるかを追い求めてきた。
 マラソン練習に異なるやり方で2度取り組んだが、2度とも故障をしてしまった。鈴木はケガを怖れるあまり、走行距離を多くできない。その代わり補強や体幹トレーニング、ストレッチなどは念入りに、時間もかけて行ってきた。3月の名古屋ウィメンズマラソン前には、自転車トレーニングを補助練習ではなく、メイン練習の1つとして取り入れたが、それでも故障を回避できなかった。
 今大会の前日会見で鈴木は「シンプルに走ることがマラソンでは一番大事。ケガをしてそれがわかりました」と話した。30km走、40km走という強度の高い距離走は、まだそれほど増やしていないが、三部練習(練習を1日3回行う)でジョグを行う回数を増やしてきた。休みの日のジョグを60分から90分に増やしたり、ポイント練習(週に2~3回行う負荷の高い練習)前後のスピードを上げたジョグの時間を伸ばしたりした。
 トラックのスピードがあり、ゆっくり走ることが好きではなかった鈴木だが、高橋昌彦監督によれば「走りが重いことに馴染んできました。(マラソンは)そういうものなのかな」という感覚を得るまでになっている。
 そして今大会を1時間8分台で走ることで手応えは得られたが、一山と松田に敗れたことで、もっと突き詰める必要があることがわかった。
 札幌で行われる東京五輪女子マラソンは8月7日。残り3カ月の流れを高橋監督は次のように説明する。
「最初の1カ月は今よりももっと距離を踏んで、次の1カ月でスピードを上げながら、持久力もつけるようにします。最後の1カ月で実戦ペースを行いながら、疲れもとって調整していきます」
 つまり2カ月目に、MGC後に最大課題としたレベルの高い距離走などに挑戦する。そこの練習ができたとき、鈴木は東京五輪のメダル候補に仲間入りできる。その流れの練習に入ってくための準備ができていることが、2月以降の練習と今回のハーフマラソンの結果でわかった。
 鈴木が初マラソンで優勝し、マラソンへの適性を示したのが札幌だった(18年北海道マラソン)。今回、新たなマラソン練習で結果を出したのも札幌である。そしてもう一度、札幌で何かしらやってくれそうな雰囲気を、鈴木がまとい始めた。

画像2

●絶不調だった前田の走りも上向きに

 19年夏のMGCに優勝したことで、現在の女子マラソン・ナンバーワンの座に就いた前田穂南が、昨秋から不調に陥っている。今大会では1時間10分50秒の5位。本来の姿ではなかったものの、回復の兆しが見られたレースになった。
 前田はMGC後も好調をキープした。11月のクイーンズ駅伝3区、20年1月の全国都道府県対抗女子駅伝9区と、スピードランナーが集まる区間で区間3位と4位。2月の青梅マラソンでは1時間38分35秒と、アテネ五輪金メダルの野口みずきの持つ30kmの日本記録を上回った。
 昨年は新型コロナ感染拡大による大会自粛期間明けに、5000mと10000mで自己新を連発。その間、30km走などマラソン練習を行いながら、スピード向上を図っていた。東京五輪でのメダル獲得に向け、最も順調にトレーニングと試合出場を進めていた。
 だが昨年秋のクイーンズ駅伝前から、走りに精彩を欠くようになった。武冨豊監督は、合宿場所の米国アルバカーキが使えなくなったことで、練習の追い込み方と抜き方のバランスが崩れてしまったという。それが疲労を蓄積させることにつながった。
 今年1月の大阪国際女子マラソンでは、一山とともに日本記録ペースに挑んだが2時間23分30秒の2位。優勝した一山に2分以上の差をつけられた。12月には「左脚のふくらはぎからアキレス腱の付け根」(武冨監督)にかけて硬くなる症状が出て、3日ほど走る練習を中断していたという。
 大阪国際女子マラソン後にはしっかり休養したが、復帰レースの兵庫リレーカーニバル(4月25日)10000mは33分25秒85もかかった。「32分(00秒)くらい」を想定していたレース。優勝タイムが32分30秒台だったにもかかわらず、序盤で先頭集団から後れてしまった。
 前田は「疲労と、体調が思うように上がって来ない状態」と話したが、かなり心配される走りだった。
 しかし、兵庫から10日後の今大会にも敢然と出場してきた。代表がそろうレース。序盤で先頭集団につけなくなることも想定していた展開だ。
 1時間10分50秒の5位は、1時間15分かかることも覚悟していたことを考えれば、好走といえるかもしれない。
「状態が良くないのにこのタイムが出たのはよかったです。レースに出てコースもしっかり見ることができたので、オリンピックにつながる良いレースになりました」
 自分に言い聞かせる意味もあったかもしれないが、このコメントは前田の本心だったように思う。同じ五輪代表たちに負けることがわかっていても、結果を受け容れる覚悟を持って出場した。前田の逃げない姿勢が、予想以上のタイムにつながった。
 五輪本番までアルバカーキには行かず、国内で合宿を行う覚悟を決めた。残り3カ月。MGC優勝者の逆襲が、今回の札幌から始まる。
                      ◇
 順調に歩を進める一山。故障明けでも新たなトレーニングに手応えを得られた鈴木。長引く不調から抜け出す兆しを見せた前田。東京五輪女子マラソン代表3人が、3カ月後の本番に歩調を合わせる。そんな期待ができるテストイベントになった。

画像3

TEXT by 寺田辰朗
写真提供:フォート・キシモト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ ありがとうございます!
17
🎦TBS 陸上競技の最新情報をお届け🎦 世界陸上/世界リレー/ニューイヤー駅伝/クイーンズ駅伝/プリンセス駅伝/ゴールデングランプリ陸上/全日本実業団陸上/実業団ハーフマラソン/横浜マラソン/ホノルルマラソン/別府大分毎日マラソン