限界的練習と先行者がいない領域での成長について
見出し画像

限界的練習と先行者がいない領域での成長について

限界的練習は成長のために必要とされる練習方法で、以下のような手順で行うものです。

限界的練習の手順

・教師またはコーチからの効果的なトレーニングを確立すること
・練習中に自分のコンフォートゾーンを離れること
・特定のスキルを習得するための最小単位の具体的な目標を設定すること
・練習中の注意と集中をすること
・フィードバックを受け、そのフィードバックに基づいてパフォーマンスを改善する。 この練習+フィードバックは、効果的な心的イメージ( Mental Representation )を構築し改善することを可能にすること

心的イメージ(Mental Representation)とは?

例えば犬を知っていることで犬という言葉を瞬時にイメージできるようなもの。
複雑な道を走るロンドンのタクシー運転手は市内の道が頭にイメージできている。

対象に対するスキルを磨く際に心的イメージが重要となり、
また、スキルを磨くことでシンてイメージを磨くこととなる。

効果的なトレーニングが未知の場合は?

・試行錯誤する
・成果が出る方法を突き止める
・成果がでたら、その方法を形式化する

まとめ

今後、自分にしかできないことが必要とされる時代になってくるとすると、
先行事例としての教師やコーチがいない状態で何かを成し遂げる必要がある、という例のほうが少しずつ増えるような気がしています。
となると、個人による試行錯誤・仮説検証が大切になるように思います。


関連情報

超一流になるのは才能か努力か?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
てぃーびー(tbpgr)

いただいたサポートは新たな知識の習得のため書籍購入費にあてさせていただきます。

ありがとう!とても嬉しいです
成長と充実を研究しているジンジニア。エンジニア採用、研修設計・講師などをしています。 親バカ四天王の一人です。