見出し画像

誰でもはじめは一年生

うっかり4月ももう終盤、皆さんいかがいかがお過ごしでしょうか。

4月といえば新年度のスタート、何を始めるのにも良い時期ですね。
ぼくは、ついに、ずっとやってみたかったピアノのレッスンを始めました!
(ピアノ以外の楽器をやっていたことはありましたがピアノは憧れでした)

画像1

小学生の時に、とってもピアノの上手な同級生がいて、その子が3歳から習っていると聞いて、子どもながらに、へー、コツコツ続けることって凄いことなんだなと思っていました。

それ以降もそのことを時々ふと思い出し、そのたびに、ぼくも、大人になったらピアノを習ってみよう、100歳まで続けたら相当うまく弾けるようになっているはず!と考えていました。


そして、気づけば、うっかり大人になっていたのです!


何年か前から、買いたいものリストにピアノが加わり、優先順位低めと、購入を見送っていましたが、今年の春は、まとまった自分の時間が持てそうだということで、ついに行動に起こしたわけです。

ピアノと言ってもパソコンに繋がるようなキーボード、レッスンと言ってもタブレットとアプリでですが、無理のない形で環境を整えました。


これがもう、楽しくて!!


このピアノ一年生のぎこちない様子が、ほかの、何かを始めたいと思っている人の肩を押せたら良いなと思い、録音して動画にして、編集して、アップロードして、みたいなことまでやろうと思ったら、これまた初めてづくしのザ・一年生で、毎夜遅くまで、チャレンジが続いています。


今年のゴールデンウィークは、ゆったりのステイホーム週間。
今までのことに囚われず、何かやりたいことがあったら、一年生から始めてみては?


誰でもはじめは一年生。


それでは、ピアノ一年生の初YouTUBE動画、ご笑覧ください!


#ステイホーム週間 #stayhome  #ゆるく続ける #マイピース


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!今日のあなたへのお礼はコレ🎈!
31
キャラクターアーティスト。作品には愛情あふれるストーリーが存在し、誕生させるという感覚だというその世界観は日本のみならず海外でも絶大な人気を誇る。ポール・スミス、スターバックス他、しいたけ占いなども手がける。現在は環境省アンバサダーや、藤田承紀と共にラニーズベジーとしても活動中。

この記事が入っているマガジン

学びて習う、学びて富む ―悠久の賢者たちとの終わりなき対話―
学びて習う、学びて富む ―悠久の賢者たちとの終わりなき対話―
  • 734本

机を挟んで賢者と交わす一回の対話は、 一ヶ月かけて本を読むのと同じ価値がある。  ――古代中国の格言   文明開化の時代、福沢諭吉は世界人の素養たる実学の重要性を説き「学びて富み、富みて学ぶ」の言を遺している。 それから約150年……交通機関や情報通信技術の発達は、学び手と賢者の距離をグッと近くした。でも、地球の裏側に住む相手にはおいそれと会いには行けないし、ましてや故人では二度と対話すら不可能である。 だからこそ我々人類には「自分の言葉を書に記す」という手段が残されているのだ。 たとえ身体が動かず、声や知性を失い、また万が一鬼籍に入ったとしても、人々に伝えたい哲学やビジョンが形になって残る限り、賢者たちの魂や思いは書物の中でいつまでも生き続け、未来のどこかできっと誰かの心を動かすだろう―― すでに今日の我々が、まさしくそうであるように。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。