振り返れば…稽留流産2回目まで
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

振り返れば…稽留流産2回目まで

tappen

1年間で3回の流産をするとは…

2020年を振り返ったときに、新型コロナの恐怖や自粛の辛さなど、あまり良くない一年とする人が多い気がする。
私にとっての2020年は、「流産イヤー」としか言いようがなかった。
2020年を表す漢字も「流」の一択。

まさか、1年の間に3回連続で流産とか、治療を始める前は想像もしていなかった。

きっと、治療中の皆さんは、それぞれいろいろなところでつまづきを感じるのだろうな。
採卵、胚盤胞、移植、着床、妊娠継続…
私は、間違いなく、妊娠継続の壁が越えられない。ここでつまづくんだ、と自分でも驚いている。

あらためて、ざっくり経緯

・1回目/1月/化学流産/初期胚移植
・2回目/6月/稽留流産 7週/胚盤胞移植4BB
・3回目/11月/稽留流産 8週(胎芽・心拍確認)/胚盤胞移植4BC

(すべてクリニック・ドゥ・ランジュ )

まとめると、こんな流れ。
少しずつ前進はしているけれど、その分、悲しみも増えていくわけで。

無知によってわき起こった期待感

1回目の稽留流産は、初めてだったし、それはもうショックも大きかった。

今、振り返ると、1回目の胚盤胞移植は、最初から無理めな気配だったのだよね。
判定日(DT7)のhcgも低かったし、胎嚢も本当に小さなままだったし、可能性はゼロに近かった。
でも、期待しちゃった。

ランジュの院長も最初から「継続の可能性は17%」と言っていた。
だけど、何もかも初めてでよくわからないから、
ダメと言われない=診察に呼ばれる=望みがあるのかもしれない
と勝手に期待してしまったのが、とにかく良くなかったと反省したわけで。

漫画みたいに、あの時の自分に何か言えるとしたら、
「hcgの平均値や胎嚢の平均サイズよりも小さかったら、大体無理め」
「診察が続いたとしても、妊娠継続するとは限らない」

「奇跡なんて、そう簡単に起こらない」

ということ。

ランジュ の女医さん-笑い方が特徴的で、チェシャ猫みたいな人-に
「言霊があるから、マイナスなことは発言しないほうがいいですよ」
とたしなめられたけれど、今なら、むしろその言葉が呪いとなって、正常な判断ができなくなったじゃないか、と反論したい。

とにかく、前回の反省を受けて、二度目は絶対に過度な期待はしない、と心に決めたのに…。
人は期待を抱かないと生きていけない生き物なのだろうか…。

#不妊 #不妊治療 #不育 #CDL

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
tappen
不妊治療、真っ只中。2回の稽留流産を経て、心が折れ始めたので、書きとめることで何かしら補強したい。