見出し画像

中国人が日本人に絶対教えない不正ネットワーク(谷崎光 Inside Asia)

谷崎光@北京在住20年/作家/

 (写真は香港と深センの境界で、偽物食品をハンドキャリーする人々。 谷崎光撮影)

 大和ハウスの中国関連会社での、巨額の横領が明るみになった。その額、実に234億円。あ、1億でいいから私に……、というのは冗談だが、中国人のだれもがよく知っていて、だれもがぜったい外国人に教えないことに、不正ネットワークがある。

 これは日本人が思っているよりすさまじいの一言につきる。

 簡単にいえば、会社から工場から商店、スーパー、運輸から観光地、郵便局、その他中国人のいるところでないところはない(断言)。
 わたしも2001年に中国に来た頃は、正直なところ、ここまでとは思わなかった。

この続きをみるには

この続き: 8,055文字

記事を購入

400円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!