見出し画像

中国人が日本人に絶対教えない不正ネットワーク(谷崎光 Inside Asia)

 (写真は香港と深センの境界で、偽物食品をハンドキャリーする人々。 谷崎光撮影)

 大和ハウスの中国関連会社での、巨額の横領が明るみになった。その額、実に234億円。あ、1億でいいから私に……、というのは冗談だが、中国人のだれもがよく知っていて、だれもがぜったい外国人に教えないことに、不正ネットワークがある。

この続きをみるには

この続き: 8,539文字
記事を購入する

中国人が日本人に絶対教えない不正ネットワーク(谷崎光 Inside Asia)

谷崎光@北京在住19年目の作家

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おおきに。気持ちはさんびゃくまんえん!
10
著書は松竹で映画化されたベストセラー「中国てなもんや商社」(文藝春秋)「男脳中国 女脳日本」(集英社インターナショナル)など20冊。ダイエーと中国の合弁商社を経て作家に。北京大学留学を経て北京在住19年目。内側から見た中国の話、お伝えします。中国モノ記事 PVNO1筆者

こちらでもピックアップされています

谷崎光のインサイド・アジア
谷崎光のインサイド・アジア
  • 7本

作家×商社出身×在中19年×中国モノネット記事NO1P Vの筆者が、日本人の知らない中国をお届けします。