20200516「フェミニズムの奴隷」

20200511

アルコール検問する消毒エレベーターアルコールドア開ける消毒きみを抱く

部屋から車へ駐車場抜け陽光眩しく泣くまた生まれさせられるのか

ただ見ている小さきものが見返してくる変化変化変化変化ドラマはなし

ひだまりを抱く胃が動き未来を消化する音がきこえる体温がふたつ

ひだまりを抱くまどろみの中これはきみの過去だね尿をしている

20200512

ユニットバスより小さなプールできみはまたエラ呼吸思い出して水を掻く

石鹸の泡だけ用意する母服だけ用意する妻子を溺れさす夫

フェミニズムの奴隷になりたしだまってはたらく女を内に飼う我は

20200513

青踏という名をつけなかった男ばかりは踏み込ませるなこの芝山に

携帯の耳はあの町に置いてきた分けてもきこえるなら消えよ山に

20200514

鼻水を拭うリズムで詩を書くという男がふるえている(夏風邪)

毛布をかぶり15の頃のようにキーボードで笑www回線のむこうで

20200515

記憶なしとつけて終わった革命の日も今日のような忙(せわ)しさだったか

20200516

600グラム増えた顎が二重になった指を甞めるようになった

35年後を未来だと思うかな風呂に入る間に元号ふたつ過ぎ

またフェミニズムも曲解されるだろうきみも生きるだろういくつかの性を



この続きをみるには

この続き: 29文字

20200516「フェミニズムの奴隷」

谷竜一

100円

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
集団:歩行訓練。

この記事が入っているマガジン

わたしとその短歌の練習
わたしとその短歌の練習
  • 12本

36歳、人と出会えない世界で短歌を始める

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。