見出し画像

28歳までに年収1000万を達成するための具体的方法論


20代で年収1000万


多くの20代が1つの目標とする数値ではないでしょうか。


NETFLIX, YouTube, オンラインゲーム等
現代ではお金をかけずに、楽しめることも多くなってきたかと思います。 


しかしながら、

家賃の支払いだったり

良い家に住んだり、良い車に乗りたい

週末にはお金のこと考えずに、旅行に行きたい


そんな誰しもが持っている欲に対しては、
まだまだお金があることで、実現できることが多いこともまた事実。


年収1000万を目指す動機は人それぞれだと思いますが、
目指すなら手っ取り早く達成したいところですよね。



筆者も例外ではなく、
20代での年収1000万の達成を1つの指標として目指してきました。


結果、紆余曲折ありながらも、2回の転職の末、
28歳時点で、外資系IT企業にて年収1100万円の待遇を得ることができました。

【筆者経歴】
・MARCHレベルの大学卒(文系)
・新卒で大手メーカー入社(新卒年収400万弱)@地方工場配属
・新卒5年目時点に転職し、外資系メーカーへ営業職として入社(年収500弱⇒700万円)
・28歳時点:外資系メーカー2年弱勤務後、外資系IT企業へ営業職として入社(年収800⇒1100万円)


現勤め先では、35歳であれば年収1500万円は固く、
昇進次第では、年収2000万円も見えてくる状態です。


そのような未来が想像できる状態になれるなんて、
新卒入社した直後、地方工場へ電撃配属されたときには考えもしませんでした。



20代で年収1000万円の達成には様々な方法があるかと思いますが、
私個人の考えとして、特筆する経験がない・晴れ晴れしい過去の経歴がない一般の方という観点で見ると、


20代で年収1000万円を達成するのに最も再現性が高い方法は
間違いなく「転職」
です。


なぜなら、年収を上げる手段が様々な手段がある中で
最も身近なのが転職だからです。

それは以下のデータを見れば明らかです。


医者や弁護士になって年収1000万だ!(0.3%:日本の中で士業に就く人の割合)
いや、無理でしょ。

・起業して年収1000万だ!(4.6%:日本の個人事業主の中で年収1000万を超える割合)
いや、無理でしょ。

・転職?(56%:日本の転職経験者の割合)
いけなくもなさそう。。


ね?


今から医者になれって言われてもならないですよね?

今からはい!起業しましょう!とか言われても、いやいやいやとなりますよね?


でも、

転職してみましょうか( `ー´)ノ



と言われたら、まあいい条件でいい環境であれば、やってみてもいいよね。くらいにはなるじゃないですか。


なりますよね?


だからこそやはり、多くの人にとって収入を上げる手段としては
転職が最も取り組みやすい手段で、

そのため、本書では
そんなあなたに1番身近である「転職」によって年収1000万円を達成するためにどうすれば良いのか説明しております。


よくある、抽象的な考えを記載しているのではなく、企業名/業界/戦略等、全ての情報を具体的にすることを心掛けました。


筆者が執筆時点で20代ということもあり、
市販の転職本とは異なる角度で、より鮮度の高い、本当に20代で年収1000万円を達成するために必要な情報となっていると思います。


もしあなたが、20代で年収1000万を達成したいという思いがあり、
しかしその方法が分からず悩んでいるのであれば、本書をその手助けとして使って頂ければと思います。


20代で年収1000万円の到達に必要なのは、


学歴でもないし、

卓越した実績でもないし、

突発的に起こる偶然的な出会いでもない



じゃあ、何かって?



その答えを本書に書きました。




年収1000万、そろそろ取りに行きませんか?


28歳までに年収1000万を達成するための具体的方法論



はじめに

続きをみるには

残り 7,860字

¥ 2,000

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?