リストマーケティングの2極化
見出し画像

リストマーケティングの2極化

いま、リストマーケティングのやり方は、大きく2極化されています。

というか、まずリストマーケティングとはなんぞや?について説明したほうがいいかもしれませんね。

そもそもリストというのは、顧客情報のことを指します。

なのでリストマーケティングというのは、顧客情報をもとにマーケティングをおこなっていく手法のことをいうんですね。

例えば、オフラインのリストといえば名前とか住所だとか電話番号とかが主流ですよね。なので、住所をもとに訪問をしたりだとか葉書を送ったりする。または電話番号に向けて電話をかけるなんてのがオフラインのリストマーケティングになります。

オンラインであれば、メールアドレスですかね。ほかにはSNSをつかって発信するのも大きな括りで言えばリストマーケティングになるかもしれません。

こんな感じで、個人の情報を入手してそれにむけてマーケティングをおこなっていくことをリストマーケティングと言います。

で、先ほどそんなリストマーケティングが2極化されているという話をしましたが、具体的にどんな風に2極化されてるのかというと、WEBでのオプトインページの情報量が2極化されてるんですよね。

オプトインページというのは、顧客情報を入手するためのページのことをいうんですが、そのページの情報量が「無料でプレゼントするよ!」程度のシンプルなものなのか、それともストーリーありreason whyあり違いの明示あり悩みの深掘りありお客の声ありオファーあり特典あり保証ありといったゴリッゴリのセールスレターみたいなボリュームなものなのか、といった感じになってるんですよね。

なぜ、そんなことになってるのか?それは、2つとも大きなメリットがあるからです。

まず情報量が少なめなオプトインページの主張は、WEBをみている人の集中力は超小さいがベースになっています。なのでどれだけ集中力が低下していても消化しやすいようにデザインや図形多め、テキスト少なめがいいとされています。

一方で、最初から超ボリューミーな文量をかいているオプトインページの主張は、いずれ最後はセールスをすることがベースとなっています。なので、とにかく商品に興味を持ってもらうために最初からトップスピードでセールス色を出していくべきとされています。

で、どちらがいいのか?という話なんですが、これってやっぱりどっちがいいとかどっちが悪いというのはないんですよね。

冒頭でも述べたように、どちらにも一長一短の要素があるわけなんです。なので、自身のビジネスに合ったものを選べばいいと思います。

ですが、これらの手法はいずれにせよ新規客を集めるというものです。のであれば、やはり王道は「ターゲットが普段触れたことがない手法を取り入れる」というものになってくるんですね。

つまり、新しい人の興味を惹きつけたいなら、新しいもの・なかなか見かけないもの・とにかく安いもの。この3つのどれか、またはすべてを打ち出す必要があるんです。

だってそうですよね。世の中の流れを見返せばわかるものなんですが、結局人びとは新しい集客方法ばかりに目がいってしまうものです(もちろんぼくもです!エッヘン♪)

なので新規客に関しては、何を実施するか?よりも、ターゲットにとって新しいものは何か?をベースに考えた方がうまくいくことが多いです。

田辺輝恭

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田辺輝恭|備後の3代目経営者

【田辺輝恭のミッション】 「個々の覚醒と偉大なる繁栄」 ”攻めの経営道+守りの保全道” この2つの融合により、小さくとも偉大な起業家・経営者の誕生を 人生をかけて支援することを使命とする。

あなたのスキのおかげで今、体重が500g減りました。ありがとう!
2事業を継いだ3代目経営者かつ、4社のオーナー。今は全国のクライアントに経営コンサルも行う。和魂洋才をテーマに、コンサル・オーナー経験で得た学びをお届け。ケーキをあてに芋焼酎を飲むタイプ。経営者界隈一のSNS弱者でもある。