見出し画像

【check】無理に褒めなくていい

【check】

絵・工作1

無理に褒めなくてOK!

「ここは何?」
「工夫したね」
「この色いいね」
「ここ、好きだな~」
と興味・関心を持っている部分を
伝えてあげよう。

最後に「お母さん、あなたの絵好きよ♥」と。

**********

よく「褒めましょう」と言いますよね。
だいたい褒め言葉って
「すごいね」「上手だね」「いいね」
が一般的かもしれません。

保護者の方々からご相談いただくのが
「すごく上手いわけでもないし、褒められません」
「どうやって褒めるんですか?」
です。

実は褒めるって簡単なようで意外と
難しいのかもしれませんね。

褒めるってどうしても
いいか悪いか、出来るか出来ないか
の評価になってしまいます。

褒める、というよりも
よい部分を伝えてあげる。
全体を褒めなくてもいい。

逆に、子どもの気に入っている部分について
聞いてあげるのだっていい。

上手いとか下手よりも
自分の作品に興味を持ってもらえた!
嬉しいですよね。

それの方が伸びますし
個性を大切にすることが出来るのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
親子の心を豊かにする言葉かけ研究所(Research)/保護者・保育者の言葉かけが子どもの 将来に及ぼす影響について研究しています。 幼児教育・保育歴20年 💕 前職:幼児教室運営・保育士・子ども英会話講師👧 尊敬する人:エジソンの母👍 趣味:海外旅行(バックパッカー)✈️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。